建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 技術 コンクリート構造物の塩害調査等に威力を発揮する分析装置開発

東京大学生産技術研究所とアワーズテックは、コンクリート構造物の塩害調査や土壌汚染調査等に威力を発揮する軽元素対応高性能ポータブル型蛍光?線分析装置を開発した。従来の装置の検出感度を大幅に向上させ、低濃度域の塩化物量の測定が可能になった。また装置の改良により、AL、Si、Sなどの軽元素にも対応できるようになり、コンクリート中の塩化物だけでなく、土壌汚染等の環境計測にも有効になったというもの。今年度3月より販売予定。
■価格
 販売予定価格 800万円
■問い合わせ先
 東京大学生産技術研究所
 都市基盤安全工学国際研究センター
 金田尚志
 TEL 03-5452-6472 e-mail:kanada@iis.u-tokyo.ac.jp
  http://www.iis.u-tokyo.ac.jp/
  アワーズテック
  http://www.ourstex.co.jp/ 


 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード