建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > エスカレーター リニューアル時の新搬入工法開発

日立ビルシステムは、ジェイアール西日本テクノス、西日本旅客鉄道広島支社と協力して、エスカレーターのリニューアルにおいて新しく設置するトラス組品の「揚重、接続、設置」までの新搬入工法を開発した。本搬入工法を適用した第1号機をJR西日本広島駅に納入し、12月6日から稼動を開始したと発表した。
新搬入工法は、既設エスカレーターのフレームの一部分をそのまま搬入用レールとして活用し、走行用ローラを備えたトラス組品をこの既設フレーム内に順次走行搬入して、接続・設置させることが特長。、「吊上げ方式」から「走行方式」にすることで、搬入工程に要する時間を約40%短縮、また、建屋加工を不要とし、上階からの搬入も可能するなど、搬入の自由度も高めたとしている。
 
ひたちえす

■問い合わせ先
 日立ビルシステム 昇降機事業部 リニューアル技術部
 TEL 03-3219-9113(直通)
 http://www.hbs.co.jp/


 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード