建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 雨水貯留 道路地下に雨水貯留浸透層を構築する新製品発売

積水化成品工業は、ゲリラ豪雨とも呼ばれる集中豪雨時の道路冠水対策・河川の氾濫対策として、道路の下にも設置可能なプラスチック製の雨水貯留・浸透槽構築部材「セキスイアクアロード」を開発、新発売した。同製品は、軽量で施工性が良いことから、従来工法に比べ、コストダウン・工期短縮が図れるとしている。特長は、?冠水対策:T荷重に対応しており、車道下への設置が可能。道路側溝を溢れる雨水を直接引き込み、その場で冠水対策ができる、?洪水抑制:空隙率が体積当たり92%以上と大きく、瞬間的な雨水を貯留することかが可能で、下水道や河川への流入を抑える、?雨水利用:内部空間に貯めた雨水を緑化対策や防火揚水などへ利用可能、?軽量盛土:積み重ねた状態での見かけの単位体積重量が小さいため、軽量盛土としても利用可能、?施工安定性:単一部材を千鳥に配置しながら積み上げる構造であり、施工性に優れ、全体が一体化することで、水平荷重に強い安定した構造体になる、?搬送保管:方向を合わせて積層することで、よりコンパクトにスタッキングできる形状となり、効率よく搬送や保管ができる。
 

 
■問い合わせ先
 積水化成品工業
 http://www.sekisuiplastics.co.jp/


 

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード