建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > シーリング材 窯業系サイディングボード専用1成分形変性シリコーン系製品新発売

横浜ゴムは、窯業系サイディングボード専用の1成分形変成シリコーン系シーリング材「さいでぃんクン+1(プラスワン)」を7月から発売した。従来品の「さいでぃんクン」は基剤と硬化剤を現場で混ぜて使う2成分形だったが、1成分形にすることで、計量ミスによる硬化不良を防げる。色あせしにくいように耐候性も大幅にアップさせ、戸建て住宅の美観をより長く維持できるようにしたもの。「さいでぃんクン+1」は雨風の浸入を防ぐため、ボードとボードの継ぎ目に充填する目地材。糸引きがなく、ヘラで平らにならしやすいなど従来品で定評のあった作業性の良さを引き継いでいる。使用時にシーリング材に別売りの着色剤を添加して着色するカラーマスター添加方式も引き続き採用。環境にも配慮しており、厚生労働省が室内濃度ガイドラインで定める13物質を含有しないことに加え、日本シーリング材工業会の認定で「JSIA F☆☆☆☆」を取得。

■問い合わせ先
 横浜ゴム
 http://www.yrc.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード