建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > テノックスが戸建住宅向けの簡易液状化対策を発表

株式会社 テノックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:徳永 克次)は、戸建住宅向けの簡易液状化対策『ベースバランス工法』を発表した。
■工法の概要
建物と柱状改良体の囲い込み壁の重心位置を略一致させることにより、長期的および地震時の液状化に対する「不同沈下」を抑制する。また、上部床版(浅層改良など)と囲い込み壁の一体構造により、地震時の噴砂・噴水を抑え込む。
住宅密集地域では、隣接する建物の影響を考慮した設計が可能で、フェイルセーフ機能として、沈下修正が容易な補強装置を組み合わせて設置することができる。
■問合せ先
株式会社 テノックス
http://www.tenox.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード