建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > つる植物による緑化型目かくしフェンス『ツルパワーフェンス』

ダイトウ テクノグリーン株式会社(本社:東京都町田市、代表取締役:篠田 正志)は、つる植物による緑化型目かくしフェンス『ツルパワーフェンス』を発売した。

ツルパワーフェンス

■製品の概要
目かくしフェンスに植物をプラスして圧迫感をやわらげ、周辺の環境と調和する緑の景観を実現する緑化フェンス。目かくし効果と緑化による修景効果を兼ね備え、従来の生け垣では困難だった施工当初からの遮蔽効果を実現でき、屋外の機械設備や建築物の敷地境界などに最適である。
ヘデラ類などの付着型つる植物の早期かつ確実な登はんを可能にする天然ヤシ繊維製の登ハンマットとφ3.2mmのウェーブメッシュから成るパネルをフェンスと一体化。巻つる型植物を使用する場合に比べ、剪定管理を省力化できるメリットがあり、強度・外観を考慮して、裏面にもメッシュを備えている。
つる植物(ヘデラ類)の標準植栽本数は10株/スパン(5株/m)で、ウェーブメッシュと登ハンマットの間に誘引結束できる植物丈が必要。推奨植物は、ヘデラ・カナリエンシス、ヘデラ・ヘリックスなどで、ヘデラ以外の植物や混植もできる。
地盤の植栽部分には良質客土または改良土を用い、肥効が1年以上持続する緩効性固形肥料を使用する。自治体によっては緑地面積として算入される。

■問合せ先
ダイトウ テクノグリーン株式会社
TEL 042-721-1703
http://www.daitoutg.co.jp/

 

同じカテゴリの新着記事

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード