建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2014年7月

アイカ工業株式会社(本社:愛知県清須市、代表取締役社長:小野 勇治)は、高い透明性と優れた遮熱・断熱性能を発揮する『AltynoWINFIL』を発売した。
 
高い透明性と優れた遮熱・断熱性能を発揮『AltynoWINFIL』
 
■製品の概要
透明度が高くメンテナンス性に優れた遮熱断熱フィルム。
年間約18〜30%の冷暖房電力の低減効果を見込める高い省エネ性能を有し、夏は近赤外線をカットし(遮熱)、冬は遠赤外線を反射させ室内の暖かい空気を室外に逃さず(断熱)、採光性を損なうことなく空調電力を低減させることが可能。
また、紫外線を99%以上カットするUVカット性能および防虫性能により、室内のカーテン・家具・フローリング等の紫外線による劣化を最小限に抑え、夜間照明に反応する虫が集まりにくくなる。
さらに、可視光透過率70%以上で反射色が無色に近いため、フィルム施工の有無の差がほとんどなく、透明ガラスに近い視界・採光性を実現した。
 
■問合せ先
アイカ工業株式会社
TEL 0120-525-100
http://www.aica.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 昭電(本社:東京都墨田区、代表取締役社長:太田 光昭)は、断層直下型・長周期どちらの巨大地震動にも対応できる新型免震装置『ラック用免震装置 SD-6』を発売した。
 
断層直下型・長周期どちらの巨大地震動にも対応できる新型免震装置
 
■製品の概要
巨大な横揺れの短周期地震動だけでなく、長時間大きくゆっくり揺れる長周期地震動へも、対策の必要性が高まっている。
本製品は、短周期・長周期どちらの地震動にも対応できる新開発の免震装置であり、断層直下型地震動と長周期地震動のような、周期特性の大きく異なる地震動に対して効果を発揮する。
免震のメカニズムとしては、
 
●短周期地震動ではワンウェイクラッチとトルクリミッターを回転させて、
 効率的に熱エネルギーへ変換させることで免震効果を発揮し、振動を抑制
●長周期地震動では、免震装置の弱点である多大な変形量を最小限に抑えるメカニカルストッパーとしての機能を発揮
 
の2点が挙げられる。
 
その他特長として、
●トルクリミッターの摩擦抵抗値の調整が可能なため、搭載質量に応じて免震装置の動作設定が任意で設定可能
●コンパクトな形状で、従来のSD-5 typeⅡとほとんど変わらない寸法・重量のため、置き換えが容易
 
という点がある。
 
■問合せ先
株式会社 昭電
TEL 03-5819-8373
http://www.sdn.co.jp/

このページの先頭へ




マスプロ電工株式会社(本社:愛知県日進市、代表取締役社長:端山 佳誠)は、緊急災害情報などを受信できるFM告知放送システムに対応したCATV、BS・CS 屋外(内)用 光 受信機『ORD7BCTRFS』と、FM帯域用 屋外(内)用 光 受信機『ORFM-MX』を8月下旬より発売する。
 
マスプロ電工がFM告知放送システムに対応した光 受信機を発売
 
■製品の概要
光 受信機とは、CATV事業者様から各家庭までを光ファイバーで配線するFTTHシステムにおいて、各家庭で使用する端末機器である。
今回発売する光 受信機2機種は、緊急災害情報(FM波)を受信できるFM告知放送システムに対応しており、『ORD7BCTRFS』は停電時の無給電状態でもFM波を出力できる機能を備え、『ORFM-MX』はFM波を受信するためのFM帯域専用の光受信機である。
 
■問合せ先
マスプロ電工株式会社
TEL:052-802-2232
http://www.maspro.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)は、屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレットコンピューター『TOUGHPAD(タフパッド)FZ-G1/FZ-M1』シリーズの新モデルを、7月下旬より順次企業法人向けに発売する。
 
屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレットコンピューター『TOUGHPAD FZ-G1/FZ-M1』シリーズ
 
■製品の概要
「TOUGHPAD FZ-G1」は、耐落下・耐衝撃、防塵・防滴の頑丈設計を継承し、CPUの強化を図りながら独自の放熱設計によりバッテリー駆動時間を約40%向上(前モデル比)した。
「TOUGHPAD FZ-M1」は、これまでの高性能なCore iプロセッサーモデルに加えて、Celeronモデルをラインアップに追加する。
両シリーズとも、ユーザーの現場用途に合あわせて、本体一体型の拡張インターフェースや通信機能などを組み込み可能で、コンパクトに持ち運びが可能。
 
■問合せ先
パナソニック株式会社
TEL:0120-873029
http://panasonic.biz/pc/

このページの先頭へ




セラトレーディング株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:安藤 壽)は、スイス・KWC社のキッチン水栓『LIVELLO』シリーズ ステンレス仕上げを7月1日に発売した。
 
セラトレーディングがキッチン水栓『LIVELLO』ステンレス仕上げを発売
 
■製品の概要
機能美と耐久性を併せ持つステンレス製のキッチン水栓。
あらゆるキッチンに合わせやすいよう、シンプルなフォルムに輝きを加えたステンレスのヘアライン加工を施している。
空気の泡を含ませて吐水するため水はねが少ない泡沫吐水を標準採用し、吐水口を伸ばして仕様できるスパウト引き出しタイプもラインナップしている。
 
■標準価格(税抜き)
KW0231103-700(スパウト引き出しタイプ):98,000円
KW0231013-700:79,000円
 
■問合せ先
セラトレーディング株式会社
TEL:03-3796-6151
http://www.cera.co.jp/

このページの先頭へ




TOTO株式会社(本社:北九州市小倉北区、社長:喜多村 円)は、超節水4.8リットル洗浄の組み合わせ便器である、新『ピュアレストEX』を8月1日にモデルチェンジして発売する。
 
超節水4.8リットル洗浄の組み合わせ便器 新『ピュアレストEX』
 
■製品の概要
モデルチェンジに伴う主な特長は下記の通り。
 
●「トルネード洗浄」「フチなし形状」便器
リムにある2箇所の吐水口でボウル内をしっかり洗う「トルネード洗浄」。
汚れがたまりやすい便器のフチ裏をなくした「フチなし形状」。
この2つのポイントにより汚れをひと拭きで落としやすく、清掃性が大きく向上している。
 
●超節水の「4.8リットル洗浄」
タンク式でありながら、少ない水でもしっかり洗い流す「トルネード洗浄」や、汚れの付着を弱める「セフィオンテクト」などの技術を複合させることで、4.8リットル洗浄を実現。
従来の13リットル洗浄の便器に比べて約71%の節水となる。
 
●掃除がしやすいスッキリデザイン
丸みを帯びたタンク形状と便器側面の凹凸を覆うサイドカバーで、 掃除のしやすさを追及したデザインとなっている。
 
■標準価格(税抜き)
101,400円〜125,400円
 
■問合せ先
TOTO株式会社
TEL:0120-03-1010
http://www.toto.co.jp/

このページの先頭へ




キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 CEO:御手洗 冨士夫)は、大判インクジェットプリンター『imagePROGRAF(イメージプログラフ)』シリーズの新製品として、CAD/GIS(地理情報システム)図面などの出力に適した「iPF785」「iPF780」「iPF685」「iPF680」の計4機種を7月下旬より発売する。
 
大判インクジェットプリンター『imagePROGRAF』シリーズの新製品が発売
 
■製品の概要
「iPF785」「iPF780」はA0ノビ、「iPF685」「iPF680」はA1ノビに対応した5色モデル。
基本性能である高速出力・高画質・低コストをさらに進化させ、また同梱するソフトウエアを拡充することで、生産性と出力ワークフローの利便性が向上している。
CAD/GIS図面を出力する建築、土木、製造、官公庁などの大規模ネットワーク環境から中規模ワークグループだけでなく、高品位ポスターを出力する流通業や小売店、教育現場など、幅広い大判プリントニーズに応える。
 
「iPF785」「iPF780」はA1サイズを最速約21秒で高速出力することが可能。
また、新開発のマゼンタインク採用により、図面の赤い線画や文字および地図などの視認性を向上するほか、赤や黄色の発色に優れた鮮やかなポスター作成を実現する。
さらに、大容量300mlインクタンクを用意し、インクタンクの交換頻度とインクコストを低減する。
 
図面出力ワークフローを効率化するソフトウエア「imagePROGRAF Direct Print&Share(DPS)」のダイレクトプリント機能でCAD図面ファイル形式HP-GL/2に対応し、基幹システムにおける図面の大量印刷時の利便性を向上。
さらに、iPadから大判プリントを可能にする無料アプリ「imagePROGRAF Print Utility」を新たに開発し、多様な使用環境での大判プリントを実現する(2014年8月のリリースを予定)。
 
■標準価格(税抜き)
「iPF785」:648,000円
「iPF780」:398,000円
「iPF685」:428,000円
「iPF680」:268,000円
 
■問合せ先
キヤノン株式会社 キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90063
http://canon.jp/

このページの先頭へ




株式会社 遠藤照明(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:遠藤 邦彦)は、インテックス大阪にて開催された「JECA FAIR 2014 〜第62回電設工業展〜 製品コンクールに」おいて、無線コントロールシステム『Smart LEDZ(スマートレッズ)』が環境大臣賞を受賞した。
 
遠藤照明の無線コントロールシステム『Smart LEDZ』が環境大臣賞を受賞
 
■システムの概要
各業態のベネフィットに応じた光環境の最適化と省エネ・電気代削減を両立するシステム。
本システムに、160lm/W直管形LED照明を代表とする省エネ性能を追求したバリエーション豊かな照明器具と各種空間への照明提案力を組み合わせることで、さらに省エネ効果を高めたマネジメントを実現することが可能。
また、従来の調光システムに比べるとリーズナブルな価格でLED照明の無線調光システムを導入することが可能であるため、早期投資回収が可能となる。
 
■問合せ先
株式会社 遠藤照明
http://www.endo-lighting.co.jp/

このページの先頭へ




福井コンピュータアーキテクト株式会社(本社:福井県坂井市、代表取締役社長:林 治克)は、建築・住宅業界のプロ専用情報コミュニティサイト『タテコミ!』https://www.tatecomi.jp/)を7月10日より提供開始した。
 
建築・住宅業界のプロ専用情報コミュニティサイト『タテコミ!』
 
■サイトの概要
現在の建築業界では、複数の行政施策や長期優良住宅といった性能向上に対する取り組み、消費税増税や住宅ローン金利等の施主対策など、数々の課題への対応に迫られている。
これらの対応を図るために、各住宅事業者は独自で情報収集から社員教育、システム導入などを行う必要があり、これまで以上に業務負担を強いられる状況となっている。
 
本サイトは、このような業務負担を解消するために、さまざまな施策の最新情報や施策活用の進め方、活用を支援するツールなど、“今使える”コンテンツをインターネットでスピーディーに提供し、全国の住宅関連事業者を幅広くサポートする会員制のWebサイトである。
提供されるコンテンツは下記の通り大きく4つに分類され、最新の情報提供をはじめ、社員教育や施主への説明等に活用できるコンテンツを多数収録している。
 
1.住宅産業に関わる各種ニュース(情報)
2.情報の解説&活用方法(研修)
3.業務支援ツール(ツール)
4.サポート事業者紹介(コミュニケーション)
 
■標準価格(税抜き)
プレミアム会員:月額1,000円/年額12,000円
無料会員:無料(※無料会員向けサービスのみ利用可能)
 
※なお、初回登録は3ヶ月間無料ですべてのサービスが利用可能。
 4ヶ月目以降、プレミアム会員または無料会員を選択し、継続利用となる。
 
■問合せ先
福井コンピュータアーキテクト株式会社
TEL:0776-67-8850
http://archi.fukuicompu.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 エービーシー商会(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐村 健)は、屋上外周部のアルミ笠木に電気発熱ヒータを内蔵することで降雪を融かし、雪庇の発生を抑制する融雪笠木『ユキエル(YUKIEL)』を発売した。
 
発熱ヒータで雪を溶かし雪庇(せっぴ)の発生を抑制する融雪笠木『ユキエル』
 
■製品の概要
雪による災害のひとつに雪庇(せっぴ)がある。
雪庇とは、屋根や屋上に降り積もった雪が強風により風下側に向かって徐々に付着し、庇(ひさし)のようにせり出して成長した雪の塊のことで、大きくなると、硬化した雪の塊が自重により落下し、通行人への人身事故、車などの物損事故や窓ガラスの損害、電線の切断などの原因になる。
 
本製品は、発熱ヒータをアルミ笠木に内蔵し、笠木上面を加熱することで融雪する(笠木幅 250〜500mm)。
発熱線と断熱材の一体型発熱ヒータで無駄のない熱効率を実現し、降雪センサにより、降雪時以外は通電せず電気代を節約する。
また、一般笠木と変わらない意匠性と施工性を兼ね備え、雪庇が発生しやすい部分のみの設置が可能で運用コストを削減できる。
 
■標準価格
要問い合わせ
※参考電気料金:約7,000円/月
(20m施工/1日当たり12時間/31日間通電した場合。平成25年度融雪電力使用時での同社参考試算)
 
■問合せ先
株式会社 エービーシー商会
TEL:03-3507-7194
http://www.abc-t.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード