建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2018年2月

株式会社マキタ(本社:愛知県安城市、取締役社長:後藤宗利)は、交流電源機と同等のパワーを有する40mm充電式ハンマドリル『HR400D』を発売した。
 
「HR400D」
 
■製品の概要
18Vリチウムイオンバッテリ2本で使用でき、充電式でありながら同社交流電源機と同等のコンクリート穴あけ能力を有する。
1充電あたり約30本のコンクリート穴あけ作業量を誇るとともに、打撃エネルギーは8.0ジュールを実現。
独自の低振動機構AVT(Anti Vibration Technology)を搭載。
別売のワイヤレスユニットで同社集塵機(無線連動対応)との接続と無線連動集塵が可能。
 
■問い合わせ先
株式会社マキタ
http://www.makita.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社シェルター(本社:山形県山形市、代表者:木村一義)は、燃え止まり層に石こうボードを使用した木質耐火部材『COOL WOOD』を発売した。
 
「COOL WOOD」
 
■製品の概要
日本で初めて「耐火性能を持つ丸柱」を製作。
1時間、2時間耐火性能で国土交通大臣認定を受けている。
柱と梁は中心部となる木材(荷重支持部材)を石こうボード(燃え止まり層)で囲み、外側をさらに木材 (表面材)で覆っているため、木の温もりを活かした建物をつくることができ、建築デザインの幅が広げることが可能である。
 
■問い合わせ先
株式会社シェルター
TEL:023-647-5200
http://www.shelter.jp/

このページの先頭へ




野原ホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:長野 数生)は、BIMデータライブラリーの「BIMobject」を世界的に展開するBIMobjectAB(本社:スウェーデン、CEO:ステファン ラーション)との新会社である、BIMobject Japan株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:東 政宏)を設立し、BIMオブジェクトのデータ提供を開始した。
 

 
■サービスの概要
「BIM object」は、登録ユーザーにBIMオブジェクトを無償提供するWEBサービスで、会員数64万人、BIMオブジェクトデータを提供する建材メーカー数1,000社と世界最大規模。
ユーザーは専用アプリを使用することで、「REVIT」「ARCHICAD」「VECTORWORKS」などの主要BIMソフト上から直接BIMobjectにアクセスし、BIMオブジェクトデータをダウンロードすることができる。
 
■問い合わせ先
BIMobject Japan株式会社
https://bimobject.com/ja

このページの先頭へ




日本躯体処理株式会社(本社:埼玉県川口市、代表取締役:平松 賢士)は、材料塗布1回のみで要求性能を発揮し、施工の手間を抑えられ工期の短縮を図る事が可能な『RCガーデックス 土木用』を発売した。
 
「RCガーデックス  土木用」
 
■製品の概要
コンクリートの表層品質を向上し、インフラの長寿命化を実現させる、
反応型けい酸ナトリウム系の表面含浸材。
使用する原料を見直したことで、散水不要・1回塗りの施工となり、既存RCガーデックス製品からの手間数を80%程度削減。
NETIS登録準備中。
独自開発の、紫外線によって退色する「退色性着色剤」を混合した、RCガーデックス 土木用(1回塗り・退色性着色工法)もある。
 
■問い合わせ先
日本躯体処理株式会社
TEL:048-229-7222
http://www.kutai.co.jp

このページの先頭へ




ソイルサンプラー工法研究会(事務局:群馬県渋川市)は、従来のボーリング調査などに比べ、簡便(ロープ足場)・低コスト(1/6以下)で斜面、のり面の地質を直接調査することができる『SSCM/ソイルサンプラー工法』を開発した。
 
ソイルサンプラー工法
 
■工法の概要
老朽化したモルタル・コンクリート吹付背面の地質(風化深度)調査エ法で、従来は、法面上に傾斜地足場を設置しモノレールなどでマシンを運搬して機械ボーリング工法で対応していたが、本技術の活用により、足場工の設置、モノレール、索道などの現場内小運搬が不要となるため、調査が困難な高所、傾斜地の調査を安全・経済的に調査することができる。
 
■問い合わせ先
ソイルサンプラー工法協会
TEL:0279-22-2035
http://www.takatok.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社コトブキ(本社:東京都港区、代表取締役社長:深澤幸郎)は、未知の世界への冒険と発見をテーマにした複合遊具「プレイポート ワンダー」シリーズに、
大きな斜面を自由に滑り、駆け上がって集団遊びが楽しめる新アイテム『プレイポート ワンダー モーグルヒル』を追加発売した。
 
「プレイポート ワンダー モーグルヒル」
 
■製品の概要
大勢で一緒に遊べる大きな斜面と起伏の上を、自由に滑り、駆け上がることで体が揺れ、様々な姿勢で“めまい体験”を楽しむことが可能。
新製法による半透明な斜面を採用することにより、遊具の裏側からも魅力的な遊び空間を提供している。
 
■問い合わせ先
株式会社コトブキ
TEL:03-5733-6691
https://townscape.kotobuki.co.jp/

このページの先頭へ




次の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード