建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 2019年10月

株式会社サンゲツ(本社:愛知県名古屋市、代表取締役 社長執行役員:安田正介)は、ホテルを含む商業施設をはじめ、レジデンシャルや病院、福祉施設などに使用できる『2019-2021 フロアタイル』を10月17日に発刊する。
 

 

■概要
「エイジドマテリアル」の特長に迫った巻頭企画「マテリアルラボ BETTER WITH AGE」に加え、従来にはなかったタイルのサイズ・形状やエンボス、プリントの組み合わせにより、新感覚のデザインを提案。
「フロアタイルでもっと「ワクワク」を。」をコンセプトに、フロアタイルの新たな特長を引き出す全391点のラインアップ。

なお、ワックスフリーコーティングを標準仕様とした置敷き帯電防止ビニル床タイル「OTvol.8」、重ね貼りや貼り替えがしやすいかんたんリフォームタイル「リフォルタ vol.3」も同時に発刊する。
 

■特長
1. 「エイジドマテリアル」の特長に迫った巻頭企画「マテリアルラボ BETTER WITH AGE」
「マテリアルラボ BETTER WITH AGE」では、自然や生活の中で生まれた表情全てを味として捉え、時代を越えた古いもの「エイジドマテリアル」 に着目した。
ペルシャ絨毯から着想したアンティークラグや欧州のエイジングされたタイルを思わせるアンティークタイル、アメリカの古材を再現したアンティークウッド。
3種類のフロアタイルでその特長を表現した。
 
2. 従来のフロアアイルの概念を一新する、新感覚のデザイン
ひと品番の中で異なるエンボスを組み合わせた「ミスティカル」などエンボスにこだわった商品を多数掲載。
また、平行四辺形の規格の木目タイル「シェブロンウッド」と同一規格のモルタル調タイル「シェブロンストーン」など、従来にはなかったタイルの形・サイズならではの貼り分けのアイデアや、異素材ミックスによる新たなデザイン空間を提案する。
 
3. 環境負荷を低減する「2.5mm厚フロアタイル」
2.5mm厚のフロアタイルは、一般的な3.0mm厚タイルに比べて、製品の原材料調達から製造・物流・廃棄に至るまでのCO2排出量を約14%削減する。
カーボンフットプリントマークを取得し、環境へも配慮している。
 
*カーボンフットプリント
経済産業省および関連省庁の推進する仕組みで、製品の材料調達から製造・物流・廃棄に至るまでのライフサイクル全体で排出される温室効果ガスの排出量をCO2量に換算し、分かりやすく表示するマーク。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社サンゲツ
https://www.sangetsu.co.jp/

このページの先頭へ




Symmetry Dimensions Inc.(本社:米国デラウェア州、CEO:沼倉 正吾、以下シンメトリー)と株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下ドコモ)は、株式会社日本HP(以下HP)と協力して、現実世界の空間情報・位置情報をもとに、サイバー空間内に現実世界を再現させる「デジタルツイン※1」を活用した建築・土木業界の次世代の働き方を実現する共同実証実験(以下、本実験)を実施することに合意した。
 
NTTドコモ
 
■概要
同実験では、ドローンやレーザースキャナーで取得した大容量の点群データ※2を第5世代移動通信方式(以下5G)を通じて、「ドコモオープンイノベーションクラウドTM」上に収集し、データの処理を行うことにより、サイバー空間上に現実世界の空間を再現する。
VR・ARを活用することで、実寸かつ現実と同様の色や質感を立体的に再現し、遠隔地にいても現場にいるかのような環境を実現する。
測量技師などは、現場に行かなくても再現されたサイバー空間上でデジタルツインを活用して何度でも調査・測量を行うことができるようになり、移動時間や再測量といった業務稼働を大幅に削減することができる。
デジタルツインを活用することにより、これまで限定的であった現場のデータが飛躍的に増え、遠隔からの現場指揮や未来予測などにも活用していくことが可能となり、建築・土木業界の大幅な業務効率化が期待される。
 
新世代の技術として注目されるデジタルツインを活用するためには、現実世界をスキャンして得られる膨大な点群データが不可欠となっており、この点群データを効率よく、スピーディーにやり取りする方法と、高スペックなワークステーション、それらを円滑に処理するための画像処理エンジンが必要となる。
 
今回シンメトリーが開発した点群データを効率的に処理する画像処理エンジン、HPの高性能ワークステーション・高解像度ヘッドマウントディスプレイ、さらに高速・大容量、低遅延、多数の端末との接続を特長とするドコモの5Gを組み合わせることにより、現実世界をサイバー空間に再現し、活用することが可能となる。
 
 

※1「デジタルツイン」とは、現実世界に存在する場所、物、事、人をデジタルデータ化し、サイバー空間上で現実と寸分違わない3D映像「デジタルツイン(デジタルの双子)」を構築すること。
 
※2「点群データ」とは、3Dスキャナーで物体や空間を計測し、多数の点の3次元座標を点群として記録するデータである。
 
*「ドコモオープンイノベーションクラウド」は、株式会社NTTドコモの商標である。

 
 
 

■問い合わせ先
Symmetry Dimensions Inc.
https://symmetryvr.com/jp/

NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/

このページの先頭へ




<打撃力:33J>と、チッパークラスのパワーを実現。さらに質量わずか7kgと、壁面への横打ちや下打ち作業にも柔軟に対応。先端のノミが暴れず、狙った箇所へピンポイント打撃を可能とした「イージーコントロール機構」も搭載し、操作性も抜群。動力は油圧式で、メンテナンス・耐久性に優れ、凍結もしないため、寒冷地での作業にも最適。
 

 
 
 
■問い合わせ先
丸善工業 株式会社
https://maruzenkogyo.co.jp/

このページの先頭へ




次の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード