• 鉄筋挿入工(ロックボルト工)

    カテゴリ:法面工
  • 11:14

経済調査会が発刊している「季刊 土木施工単価」では、土木工事市場単価「鉄筋挿入工(ロックボルト工)」を掲載しています。この土木工事市場単価は、国土交通省をはじめ都道府県政令市などの各発注機関で工事費算出(積算)に使用されています。
本動画では、「鉄筋挿入工(ロックボルト工)」の施工方法、積算方法などを解説します。

動画の内容

  • ① 鉄筋挿入工(ロックボルト工)の概要

    鉄筋挿入工(ロックボルト工)の概要を解説します。

  • ② 施工手順

    施工手順をアニメーションを用いてわかりやすく解説します。

  • ③ 積算方法、積算上の留意点

    予定価格の設定における鉄筋挿入工(ロックボルト工)の積算方法や積算上の留意点を解説します。

  • ④ 施工上の留意点

    施工における留意点を解説します。

鉄筋挿入工(ロックボルト工)とは

鉄筋挿入工(ロックボルト工)とは、法面の崩壊を防止するために、ロックボルトを補強材として地中内に設置し、補強材がもつ引っ張り力等により、崩壊を防ぐ工法をいいます。
土木工事市場単価「鉄筋挿入工(ロックボルト工)」では、鉄筋挿入工、削孔機械の上下移動を対象としています。

土木工事市場単価とは

土木工事市場単価は、材料費、労務費及び直接経費(機械経費等)を含む施工単位当たりの市場での取引価格です。

関連する当会発刊書籍

  • 季刊 土木施工単価:
    【土木工事市場単価が掲載されています】
  • 月刊 積算資料:
    【ロックボルトなど材料単価が掲載されています】
  • 土木施工単価の解説:
    【土木施工単価の利用手引きが掲載されています】