• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

土壌団粒化剤ポリソイル

製品情報

土壌団粒化吹付け対策で赤土の浸食・流出を防止。短時間・連続処理の濁水処理が可能。

土壌団粒化剤ポリソイルの写真

ポリソイルは、非イオン系高分子からなる土壌団粒化剤である。土壌表面に散布するだけで、土粒子間に浸透し、かつ土粒子を団結・団粒化。平面・法面の雨水浸食防止・種子流失防止・飛砂防止に著しい効果を発現する。また、種子や肥料等と混合し植生工に併用でき、土壌や肥料等のイオンと反応することはないため、環境にも優しい。

詳細説明

ポリソイルはpHが中性であるため、酸性土壌で使用しても環境面での影響がない。散布後の土壌は適度な通気性を保持しているため、植生や土壌微生物にも影響を及ぼさない。効果は速効性があり、土壌に散布しておよそ1~8時間経過すれば自然乾燥し、その効果が発現する。さらに、施工性が良く多種の工法に適用できるため、平面・法面・水路面・道路面・開発地・農業用地等には最適。薬剤散布後、透水効果のある土壌が長期間形成されるので経済性にも優れており、コスト縮減に大きく寄与する。

株式会社りゅうせき建設このメーカーの製品一覧 >

住所〒904-2212 沖縄県うるま市赤野865  TEL098-973-3278 FAX098-973-3281
HPhttps://www.ryuseki-kensetsu.jp/

「環境対策工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加