• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

DFTジョイント工法

製品情報

引張抵抗や水密性を確保

DFTジョイント工法の写真

原材料に耐候性・耐久性に優れたEPDM(エチレンプロピレンゴム)を使用し、コンクリートとの接合部に複数のくさび型突起が付いた接合部を両サイドの溝に押し込みくさび部の抵抗力で、引張抵抗や水密性を確保する構造。また、センター部分に可撓性を有し、不等沈下などの水路のずれにも水密性を確保。施工は、カッターで掘った溝にゴムハンマーなどでくさび部分を押し込むだけの簡易な方法で、雨、雪、低温などの悪条件においても、接着剤などの塗布が必要ないため、施工が可能で施工不良も発生しない全天候型での対応が可能。特に寒冷地においては、防寒囲いなどが必要なくコスト縮減が可能。

DFTジョイント研究会このメーカーの製品一覧 >

住所〒007-0848 北海道札幌市東区北四十八条東15-2-1  TEL011-790-7739 FAX011-790-7759
HPhttps://daichi-tech.com/dft/

資料請求カートへ追加