ストロンガー工法 下部接続部材

製品情報

ストロンガー工法 下部接続部材の写真

本工法は、既存の落石防護柵をそのまま利用し、特別な加工を施すことなく簡易に補強・柵高のかさ上げを行う補強工法である。H鋼式支柱の下端に接続部材を設置し、さらに上端には接続部材を設置後に上部拘束バーによる相互連結を施すことで、H鋼支柱の落石補足時のねじれを拘束し、塑性後にねじれなく転倒する構造となる。

掲載誌:積算資料公表価格版2021年2月号 p.149

株式会社ビーセーフこのメーカーの製品一覧 >

住所〒939-1518 富山県南砺市松原220-6  TEL0763-22-7835 FAX0763-22-7836
HPhttp://www.be-safe-japan.com/

規格掲載価格の条件 >

規格 単位 公表価格(税別)
H-200×100mm用 溶融亜鉛めっき仕上 19,000円

「落石防護柵」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加