建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > システム > コンクリート工 > コンクリート工|コンクリートのひび割れ抑制工法(部分パイプクーリング工法)|株式会社安藤・間(安藤ハザマ)
NETIS登録番号:TH-170014-A

 


  • システム概要図(覆工コンクリートに用いた例)


  • クーリングパイプ設置状況


    •  

      概 要

      インバート施工区間の覆工コンクリートにおいて、打設スパン中央にひび割れが入ることがある(下図参照)。
      このひび割れは、覆工コンクリートの水和熱に伴う収縮がインバートに拘束されることにより発生する温度ひび割れである。
      坑口部付近等の鉄筋が配置されている区間では、このひび割れが原因で鉄筋が腐食し、構造物の耐久性が低下してしまう。
       
      「部分パイプクーリング(Localized Pipe Cooling:LPクーリング ®)工法」は、ひび割れの発生する確率の高い部分に限定してクーリングパイプを設置し、短期間(1〜2日程度)の冷却により効率的に温度ひび割れを抑制する技術である。
       
      膨張コンクリートと比べて、外気温の状況によってクーリングパイプへの通水量、水温、通水期間を自由に調整できるため、所要のひび割れ抑制効果を確保できる。また構造物の一部分にのみ適用するので、ひび割れ対策費用が低減できる。
       

       

      技術の効果

      無対策、膨張コンクリートおよびLPクーリングの効果比較結果は以下の通り。
       
      1.ひび割れ抑制効果
      3次元FEM温度応力解析を行った結果、ひび割れ指数(発生確率)は、無対策で0.90(67%)、膨張コンクリートで1.14(32%)、LPクーリングで1.18(29%)となり、LPクーリングは、ひび割れ発生確率が無対策より38%改善し、膨張コンクリートと同程度の効果があった。また、これまでの適用現場において、温度ひび割れは発生していない。
       

       
      2.工程への影響
      LPクーリングは、部材内部にφ25㎜の亜鉛メッキ鋼管を3段配置する必要があるが、事前にまとめて設置することができるため、膨張コンクリートよりも施工手間は若干増加するものの、工程への影響はない。
       
      3.経済性
      膨張コンクリートと比較した場合、同程度のひび割れ抑制効果を確保しながら対策費用を40%程度低減できる。
       

      施工実績例

       



      電子カタログPDF

      コンクリートのひび割れ抑制工法(部分パイプクーリング工法) の資料請求はこちらから

      資料請求カートに追加

      株式会社安藤・間
      TEL : 03-6234-3670     FAX : 03-6234-3704
      https://www.ad-hzm.co.jp/

      << 商品詳細に戻る

       

      同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧