• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

ミニアンカーPI工法

製品情報

ミニアンカーPI工法の写真

自然災害等により被害を受けた擁壁や老朽化した擁壁の安定性を高め、災害に強い構造物に補強するため、先端拡大部を有する補強材を擁壁表面から挿入し、既設擁壁および背面地盤の安定化を図る技術である。先端拡大部の支圧抵抗効果により補強材長を短くでき、また打設本数を縮減できるため工期短縮が期待できる。既設擁壁(RC擁壁、ブロック積み擁壁、石積み擁壁)の補修・耐震補強に最適である。

  • NETISHK-170012-A

岡三リビック株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒108-0075 東京都港区港南1-8-27 日新ビル10F  TEL03-5782-9088 FAX03-3450-5380
HPhttps://www.okasanlivic.co.jp/

注目製品ピックアップ

>
<

資料請求カートへ追加