浮体転倒抑制工法

製品情報

本技術は、不均等な荷重による浮桟橋等の傾斜・転倒を抑制するものである。従来は、浮桟橋等の幅を広げることで安定性を向上させ、傾斜・転倒を回避してきたが、本技術を用いることにより浮桟橋等の幅を必要最小限の規模にすることができるため経済性の向上が図れる。

  • NETISSK-180004-A

ゼニヤ海洋サービス株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒104-0028 東京都中央区八重洲2-7-12 ヒューリック京橋ビル3F  TEL03-3510-2631 FAX03-3510-2632
HPhttp://www.zeniya-k.co.jp/

資料請求カートへ追加