• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集記事資料館 > 建設ITガイド > 土木系CAD V-nasシリーズ V-nasClair(ヴィーナス クレア)

 
土木設計の3次元化も本格的に支援する3次元設計&製図ツール
 

土木に特化した専用オペレーション・専用CADシリーズ

V-nasClair (走行シミュレーション.etc)

V-nasClair
(走行シミュレーション.etc)


測量座標系の設定、クロソイド曲線の作図、充実した寸法線機能、マルチページ(1ファイル複数図面管理)といった、建設分野に特化した機能と操作性を標準装備する「V-nas(ヴィーナス)」シリーズは、各種専用CADが充実しているため、業務ごとに最適化されたシステムを選択できる。
 
配筋図・加工図・重量表の情報連動により、作図・編集・チェックといった作業の流れを省力化するRC構造物専用CAD「V-FRC」や、道路・平面縦横断図の概略設計〜詳細図作図までサポートする「V-ROAD」、さらには砂防えん堤計画・設計・製図を行う「SABOシリーズ」等、作図のみならず計画・検討〜設計・計算〜作図・編集のあらゆる段階で使える“設計ツール”として定評がある。
 
 

3次元化、CIMを見据えた「V-nasClair」

中心線、幅員線(縦断線形、横断勾配、拡幅考慮)を3Dライン表示で確認

中心線、幅員線
(縦断線形、横断勾配、拡幅考慮)
を3Dライン表示で確認


汎用的な3次元モデル作成機能に加えて土木設計に不可欠である、「地形」と「線形」をいずれも3次元要素として取り扱うことができる。
 
「地形」に関しては、3次元地形データのインポートはもちろんのこと、2次元地形図を容易に3次元地形モデル化できる各種コマンドを搭載している。
 
建築分野にはない土木特有の概念である「線形」に関しては、従来、平面図・縦断図・横断図の3図面で表現・管理していた情報を「3次元線形要素」として3次元空間上に定義・表現することができる。
 
 
 
 
 
CSVファイルからのモデル化

CSVファイルからのモデル化


 
3次元化された現況地形と中心線・幅員線要素を用いることで、従来の3次元CADによる近似モデルからは得られない任意位置での正確な横断形状の取得や、橋梁などの構造物の正確な配置検討を行うなど3次元CADを土木設計により有効に活用することが可能となった。
 
また、CSVファイルによる自動作図や、スクリプト言語による独自コマンドの作成など、ユーザー自身による機能拡張にも対応している。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

データ互換

SXF仕様(p21,sfc)やAutoCAD(dxf、dwg)データ、JW_CAD(jwc、jww)データ、さらにSIMA形式、DM形式のデータ等、さまざまなファイル形式のデータと互換性を持つ。
 
 

基準適合チェックツール「CADチェッカー」

CAD図面が「CAD製図基準(案)」をはじめとする各種基準に適合しているかをチェックするツール。
V-nasシリーズと組み合わせて使用することにより、不適合箇所の自動修正まで行える。
Ver.8よりレイヤ振り分け機能を搭載。
あらかじめ設定されたフィルター条件(ふるい)により図面のレイヤを自動的に振り分けることが可能。
 
 

土木系CAD V-nasシリーズ V-nasClair(ヴィーナス クレア)

標準価格(税別)
3次元汎用CAD「V-nasClair」:298,000円
 
動作環境
OS:Windows 8/7/Vista
CPU:Pentium4以上(IntelCore2相当以上を推奨)
メモリ:1GB以上(2GB以上を推奨)
HDD空容量:500MB以上の空容量(2GB以上を推奨)
 
川田テクノシステム(株)
Tel.03-5961-7917
 
 
 
 
【出典】


建設ITガイド 2014
建設ソフト&ハード名鑑
建設ITガイド2014
 
 

 

同じカテゴリの新着記事

メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

話題の新商品