• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 特集
特集
検索結果一覧 【19件中 1-10件を表示】
1 2 > 

防災減災・国土強靱化に貢献する技術の詳細
東日本大震災の被災地では、国主導による復興から地域の自立・創成を進めていく段階へと移り、防潮堤、堤防等の嵩上げ、市街地の高台移転工事が進められています。2016年も熊本地震や鳥取地震、また台風や集中豪雨による風水害など、多くの自然災害が発生しており、今後さらなる防災減災・国土強靱化を進める必要があります。...
下水道施設の維持管理の詳細
下水道管の耐用年数が50年といわれる中、全国で延べ1万km以上の下水道管が敷設50年を経過しており、10年後には3万km、20年後には10万kmに増える見通しです。特に東京・大阪・名古屋の3大都市圏では下水道管の約4割が管齢50年を超えており、膨大な延長を更新することが喫緊の課題となっています...
地方自治体の新技術普及・活用に対する取り組み〜和歌山県〜	の詳細
公共事業における県産品の活用に積極的に取り組んでいる和歌山県の「和歌山県けんさんぴん登録制度」登録製品を紹介します。
国土交通省は、今年を「生産性革命元年」と位置付け、調査・測量、設計、施工、検査および維持管理・更新のあらゆるプロセスにICT を取り入れることで生産性が向上する「i-Construction」の取り組みを積極的に推進しています。「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」や「UAV・ロボット技術の導入」、「コンクリート工の規格の標準化」、「プレキャストコンクリート製品の積極的な導入」といった数ある施策が進み、建設生産システム全体の生産性向上が図られれば、魅力ある建設現場の実現、ならびに安全・安心な社会インフラの構築がなされることとなります。これら施策の動向や最新技術情報は大きな注目の的となっています。本特集では、こうした「i-Construction」に関わる最新の技術と製品をご紹介いたします。
高度経済成長期以降に整備が進んだ社会インフラは整備後30年から50年が経過し、老朽化が急速に進んでいます。今後20年間で建設後50年を経過するインフラの占める割合は道路、河川で全体の60%以上、トンネル、港湾で50%以上となり、土木インフラの老朽化は喫緊の課題となっています。 国土交通省は2014年5月に「インフラ長寿命化行動計画(行動計画)」を策定し、点検・診断・修繕・更新へとつながる「メンテナンスサイクル」を構築して維持管理分野に注力する方針を打ち出し、具体的な点検標準等の整備を進めており、また課題とされている市町村管理の構造物メンテナンスについても取り組みが進められています。 本特集では、こうした土木インフラの維持管理に直結した技術と製品を紹介します。
公共工事における品質の向上、安全の確保、コスト縮減を実現することは、良質な社会資本整備を進めるために重要である。福岡県では上記を実現するため、「新技術・新工法活用促進制度」(福岡県新技術・新工法ライブラリー)を設けている。福岡県内の企業等が開発した新技術・新工法を積極的に活用することで、コスト縮減や環境負荷低減等といった課題に対応するとともに、県内企業等の開発意欲の向上や育成を図っている。
都市再開発の現場では、既存構造物のとりこわし・解体施工を、いかに周辺環境に配慮しながら円滑、安全に進められるかが大きな課題となります。多様化する施工ニーズを反映して、従来の火薬や圧砕などによる方法に加え、新技術として、冷却水を使わずにコンクリートを切断する乾式工法、小口径・少薬量で小規模の解体に適した火薬工法、水蒸気圧などで破砕する非火薬系工法、規制の大きい密集市街地での施工に適した低騒音・低振動建設機械などの開発・活用も進んでいます。 本特集では、構造物とりこわし・解体工法について、従来工法から最新工法まで紹介します。
今ある施設をいかに維持保全し、工夫して使い続けるか、建築物の長寿命化の技術・手法が求められています。長寿命化を図るには、陳腐化した建築物を単に新設当時の水準に戻すだけでなく、建築物としての基本性能を高め、付加価値を創造して新しい時代のニーズに合致した建築物へと変えていく手法が必要で、新築とは違った制約や難しさがあります。 本特集では、建築物の維持保全や長寿命化にに役立つ資機材・構工法について紹介します。
国土交通省は「女性技術者・技能者の活用」に向けて、本年夏頃までに、工事現場での【快適トイレ】設置を原則化します。今回の特集では、この取り組みにスポットライトを当て、プレハブトイレや災害用トイレなど、【快適トイレ】の普及に向けた優良な製品をご紹介いたします。 【積算資料公表価格版 2016年10月号連動企画】 ●特別寄稿  ・快適トイレの導入について  ・「建設現場」どこでもトイレプロジェクト〜快適トイレの実現に向けて〜
2016年4月の熊本地震と、まだ記憶に新しい2011年3月の東日本大震災における液状化被害を合わせると、東京ドーム約940個分・約44km2もの面積にわたります。地盤が沈み込むことで建物の不同沈下などの被害が出ており、改めてわが国での地盤改良の必要性が強く求められています。今後、首都直下型地震や南海トラフ地震をはじめ、全国各地での大規模地震が懸念されており、国土交通省や各地方自治体でも道路、河川堤防、港湾、宅地などにおける地盤の耐震化・液状化対策に取り組んでいます。このような背景のもと、軟弱地盤・液状化対策の最新技術を紹介いたします。
検索結果一覧 【19件中 1-10件を表示】
1 2 > 
ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王