エルニード工法

製品情報

流動化処理土を用いた基礎工法

エルニード工法の写真

エルニード工法は、バックホウに特殊バケットを装着した地盤改良機を用い、ブロック状の改良体を築造する地盤改良工法である。支持地盤までの掘削によって発生した土を利用し、固化材と水を加え独自形状のバケットで攪拌した流動化処理土を、地盤改良体として基礎下に造成する。基礎下の形状はラップルコンクリートと同様であり、単体として造成が可能である。

  • NETISSK-180009-A

有限会社ネオニードこのメーカーの製品一覧 >

住所〒761-0113 香川県高松市屋島西町2485-21  TEL087-841-0161 FAX087-841-8759
HPhttp://www.elknead.com/

「深層混合処理工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加