ホーム > 市況・価格推移 > 中部地区 市況(現況と見通し)

中部地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2021年3月上旬調べ。品名規格欄の↓Eは調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。

主要資材の市況・価格推移 【名古屋】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295A D16 78 
(78)
横ばい 21
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 83 
(83)
横ばい 30
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 82 
(82)
横ばい 32
普通鋼板 厚板 16〜25mm 3×6 無規格 86 
(86)
横ばい 40
鉄屑 H2 31,000 
(26,500)
上昇 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 10,300 
(10,300)
横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 11,300 
(11,300)
横ばい 110
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 4,050 
(4,050)
横ばい 186
コンクリート用砕石 20〜5mm m3 3,350 
(3,350)
横ばい 186
再生クラッシャラン 40〜0mm m3 1,700 
(1,700)
横ばい 186
PHCパイル 350×60mm×10m A種 30,300 
(30,300)
横ばい 208
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 1,270 
(1,250)
上昇 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 35,000 
(32,000)
上昇 235
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 63,000 
(61,000)
上昇 239
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15〜24cm 特1等 m3 67,000 
(65,000)
上昇 239
A重油 ローリー (一般) KL 64,000 
(57,000)
上昇 259
軽油 ローリー KL 96,500 
(89,500)
上昇 259
ガソリン スタンド レギュラー L 132 
(127)
上昇 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 9,200 
(9,200)
横ばい 321
ストレートアスファルト 針入度 60〜80 ローリー 73,000 
(67,000)
上昇 330
道路用コンクリート製品 鉄筋コンクリートU形 300B 1,130 
(1,130)
横ばい 364
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 6,390 
(6,390)
横ばい 447
タイル 外装モザイクタイル 砧(磁器質)・施釉 50mm角二丁平シート m2 1,400 
(1,400)
横ばい 578
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 12,100 
(12,100)
横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,400 
(1,400)
横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプ供 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 550 
(530)
上昇 615
IV電線 600V 単線2.0mm m 37.4 
(35.4)
上昇 648
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,269 
(1,197)
上昇 652
合成樹脂製可とう電線管 CD管 16mm m 26 
(26)
横ばい 690
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A 1,840 
(1,840)
横ばい 770
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm 1,230 
(1,230)
横ばい 812
印刷用紙 上質紙四六判 70〜135Kg 147 
(147)
横ばい 897

岐阜/再生加熱アスファルト混合物/先行き、横ばい推移

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万500円どころと前月比横ばい。需要は堅調に推移。メーカーは、原材料であるスト・アス価格が上昇傾向にあることから、値上げの時機をうかがうも、需要者の購買姿勢は厳しく、交渉は長期化の様相。先行き、横ばい推移の見通し。

名古屋/コンクリート型枠用合板/前月比20円上伸

 価格は、無塗装品ラワン・12×900×1800mmで枚当たり1270円と前月比20円の上伸。産地でのコロナ禍による移動制限が影響し、国内への輸入量が減少。足元の需要は盛り上がりを欠いているが、流通側は仕入れコストの上昇を受け、強気の販売姿勢を堅持。先行き、強含みで推移。

名古屋/異形棒鋼/先行き、強含み推移

 価格は、SD295A/SD295・D16でt当たり7万8000円どころと前月比横ばい。鉄スクラップ価格は反転したが、需要低迷から需要者側に様子見ムードが広がり、市況上伸には至っていない。一方、製販側は価格重視の販売姿勢を継続しており、さらに売り腰を強めるとみられる。先行き、強含み推移。

名古屋/ガソリン/前月比5円上伸

 価格は、レギュラーでL当たり132円(スタンド渡し、消費税抜き)と前月比5円の上伸。原油価格の上昇を受け、元売各社は卸価格を引き上げている。販売側は、仕入価格の上昇分を転嫁すべく店頭価格を引き上げ、さらに売り腰を強める構え。目先、強含み推移。

津/再生加熱アスファルト混合物/先行き、横ばい推移

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万900円どころ。メーカーは、人件費や運搬費の上昇に加えスト・アス価格が強基調に推移していることから、値上げを検討している。しかし、工事の受注減に悩む需要者側の購買姿勢は厳しく、交渉は難航するとの見方が大勢。先行き、横ばい推移。