ホーム > 市況・価格推移 > 中国地区 市況(現況と見通し)

中国地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2021年3月上旬調べ。品名規格欄の↓Eは調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。

主要資材の市況・価格推移 【広島】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295A D16 77 
(75)
上昇 23
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 83 
(82)
上昇 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 85 
(84)
上昇 33
普通鋼板 厚板 16〜25mm 3×6 無規格 88 
(88)
横ばい 40
鉄屑 H2 31,500 
(27,500)
上昇 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 11,200 
(11,200)
横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 15,950 
(15,950)
横ばい 122
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 3,300 
(3,300)
横ばい 190
コンクリート用砕石 20〜5mm m3 3,000 
(3,000)
横ばい 190
再生クラッシャラン 40〜0mm m3 1,400 
(1,400)
横ばい 190
PHCパイル 350×60mm×10m A種 33,500 
(33,500)
横ばい 210
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 1,300 
(1,280)
上昇 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 … 
(…)
横ばい 236
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 62,000 
(62,000)
横ばい 240
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15〜24cm 特1等 m3 67,000 
(64,000)
上昇 240
A重油 ローリー (一般) KL 66,500 
(60,000)
上昇 258
軽油 ローリー KL 96,500 
(89,500)
上昇 258
ガソリン スタンド レギュラー L 127 
(122)
上昇 258
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 9,500 
(9,500)
横ばい 324
ストレートアスファルト 針入度 60〜80 ローリー 73,000 
(67,000)
上昇 330
道路用コンクリート製品 鉄筋コンクリートU形 300B 1,580 
(1,580)
横ばい 365
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 8,730 
(8,730)
横ばい 448
タイル 外装モザイクタイル 砧(磁器質)・施釉 50mm角二丁平シート m2 1,400 
(1,400)
横ばい 578
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 12,100 
(12,100)
横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,410 
(1,410)
横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプ供 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 570 
(550)
上昇 614
IV電線 600V 単線2.0mm m 38.6 
(36.6)
上昇 649
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,311 
(1,236)
上昇 653
合成樹脂製可とう電線管 CD管 16mm m 26 
(26)
横ばい 690
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A 2,000 
(2,000)
横ばい 771
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm 1,310 
(1,310)
横ばい 813
印刷用紙 上質紙四六判 70〜135Kg 162 
(162)
横ばい 897

鳥取/再生加熱アスファルト混合物/当面、横ばい推移

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万3300円と前月比変わらず。出荷量は前年を上回っているが、補修工事等の小口物件が大半を占めている。一方、スト・アス価格の上昇を背景に、販売側は値上げの意向をみせているものの、需要者側の購買姿勢は厳しい。当面、横ばいで推移する見通し。

岡山/再生加熱アスファルト混合物/先行き、横ばい推移

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万300円どころ。需要は、国交省やネクスコ発注の大型物件が中心だが、自治体や民間の中規模以下の物件が例年に比べて少なく、総じて低調。足元では、需要者側の値下げ要求が散見されるが、スト・アス価格の上昇で販売側は価格維持に懸命。先行き、横ばい推移。

広島/コンクリート型枠用合板/前月比20円上昇

 価格は、無塗装品ラワン・12×900×1800mmで枚当たり1300円と前月比20円上昇。産地では伐採規制等から出荷を抑制しており、輸入量が減少。このため国内の需給は依然タイトな状況。流通側は、産地価格の高唱えを受けて値上げ交渉を継続しており、当面、強含み推移。

広島/異形棒鋼/前月比2000円上昇

 価格は、SD295A/SD295・D16でt当たり7万7000円と前月比2000円上昇。大手電炉メーカーでは、鉄スクラップ相場の高騰などを背景に1月の販売価格から大幅な値上げを実施し、流通側も追随し交渉を継続中。荷動きは今ひとつの状況だが、交渉は進展しつつある。当面、強含み推移。

広島/ガソリン/前月比5円上昇

 価格は、レギュラーでL当たり127円(スタンド渡し、消費税抜き)で前月比5円の上昇。原油相場は、コロナ対応や米国景気対策等を好感し強基調で推移。元売卸価格も段階的に引き上げられている中、販売店側は、売り腰を強め店頭価格への転嫁を進めている。当面、強含み推移。