PCスラブ桁橋「SCBR工法」

製品情報

PCスラブ桁橋「SCBR工法」の写真

本工法は、中間支点の支承上にプレキャスト横梁を設置し、それを介して主桁を連結する構造である。そのため、支承は架設時・連結後ともに1点支承とすることが可能となる。本工法を用いることで、劣化したRC中空床版橋に対して、2柱式などの既存の橋脚を生かしながら短期間での架替えが可能となる。

  • NETISKK-160042-A

オリエンタル白石株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒135-0061 東京都江東区豊洲5-6-52 NBF豊洲キャナルフロント  TEL03-6220-0633 FAX03-6220-0634
HPhttp://www.orsc.co.jp/

資料請求カートへ追加