ニュープラくん

製品情報

ニュープラくんの写真

気候変動に伴う集中豪雨により都市部を中心に浸水被害が増加している。その対策としてプラスチック製のブロックを地中に積層し、ブロック内の空隙を活用して雨水貯留槽を形成することで浸水被害を防ぐ「雨水貯留浸透施設」がある。しかし、一般的に雨水貯留槽用ブロックに使用されている再生ポリプロピレン(PP)樹脂は、長期クリープ強度の維持に問題があることから、より安全・安心な強度の高い材料が求められている。これらの問題を解決し、施工性および維持管理性を向上させた製品が「ニュープラくん」である。

秩父ケミカル株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒101-0021 東京都千代田区外神田5-2-3 JR外神田ビル  TEL03-3832-1617 FAX03-3832-1681
HPhttps://www.titibu.co.jp/

資料請求カートへ追加