• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

貯留型浸透施設|プレキャスト地下式雨水貯留槽 M.V.P.システム|水循環システム事業協会

貯留型浸透施設|プレキャスト地下式雨水貯留槽 M.V.P.システム|水循環システム事業協会

 

  • M.V.P.システムの構造イメージ

    M.V.P.システムの構造イメージ

  • M.V.P.システムの各部材イメージ

    M.V.P.システムの各部材イメージ



 

概 要

●プレキャスト式雨水地下貯留施設(壁式多連型)技術マニュアル[改訂版]掲載

  • M.V.P.システムの概要

    M.V.P.システムは、門型部材とスラブ部材を組み合わせ、底面部をインバート構造にすることで、勾配や排水溝、ピットなどを容易に設けることができ、効率的な維持管理を可能とする雨水貯留システムである。



  •  

    ■ 一般財団法人 土木研究センター 建設技術審査証明取得
    ■ 公益社団法人 雨水貯留浸透技術協会 技術推薦
     
     

    特 長

    1.優れた耐震性
    「プレキャスト式雨水地下貯留施設 技術マニュアル」に要求されている「レベル1」「レベル2」地震動に対し、耐震性能を満足。

     
     

    2.工期短縮
    槽の端部壁も専用のプレキャスト部材にて構築するため、防水完了後すぐの埋戻しが可能となり、大幅な工期短縮が可能。
     
    M.V.P.システムの特長


    • 端面B部材

      端面B部材(内側より撮影)

    • 端面D部材

      端面D部材(外側より撮影)


     
     

    3.高い防水性
    部材相互はパッキン材またはコーキング材と防水シートの2重防水、インバートとの継ぎ目には専用の収納式止水板を埋め込んでいるため、高い防水性を有する。
     
    M.V.P.システムの特長

     

    ● 現場止水試験の実施
    要望に応じて、現地にて止水試験を行うことが可能。

  • M.V.P.システムの特長

    現場止水試験の様子(側壁外側)現地地下水位に応じた耐水圧の確認を行う。
    (0.1MPaまで加圧にて確認実績あり)



  •  

    採用条件

    1.設置に適した場所
    公園下・駐車場下

     
     

    2.上載荷重
    Q=10kN/㎡。公園および校庭等の上部施設、駐車場の普通乗用車から大型バス程度の荷重を想定。埋戻し作業時の重機荷重等については別途検討が必要。

     
     

    3.土被り条件
    0.0m~2.0m。条件範囲外は別途検討が必要。

     
     

    4.地下水位
    「地下水位以深」へ設置可能。高い水密性を有し、高地下水位にも対応可能。現場打ち耐圧底版構造により、浮き上がりに対しても強い構造。

     
     

    5.地盤沈下や不等沈下の恐れのある地盤にも強い構造
    PC鋼材による製品間相互の緊結や、上載荷重を考慮した一体構造の現場打ち耐圧底版を有するため、不等沈下等による製品間の段ずれを起こしにくい構造。
     
     
     

     

    「貯留型浸透施設|プレキャスト地下式雨水貯留槽 M.V.P.システム|水循環システム事業協会」の資料請求はこちらから

    水循環システム事業協会 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 102-0083 東京都千代田区麹町5-7-2 ベルテクス(株)内 TEL 03-3556-0472 FAX 03-3556-2721
    HP https://mizujyunkan.com/

    「貯留型浸透施設|プレキャスト地下式雨水貯留槽 M.V.P.システム|水循環システム事業協会」

    「上下水道資材」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加