FONドリル工法

製品情報

硬岩地山でのトンネル掘削における新しい削岩工法

FONドリル工法の写真

FONドリル工法は掘削対象物の外周部および外周部に囲まれた中に単一孔を連続的に穿孔することで自由面を形成する工法である。本工法による連続孔穿孔では、専用機械は不要であり、SABロッド(SpiningAnti-BendRod)を汎用型ドリルジャンボに取り付けるだけで行うことができる。また、SABロッドは着脱可能で、連続孔穿孔、割岩孔穿孔およびロックボルト打設を同一ドリルジャンボで行うことを基本としている。

詳細説明

[特長]
1)ビットをSABロッドに接触・打撃させることによりビットとSABロッド間にロックブリッジが残らず、自由面の連続性が確保される。
2)単一孔を連続的に穿孔するため、削岩機のエネルギーを穿孔のみに使用できる。さらに、SABロッドの回転によりくり粉が連続的に排出され、高速施工が可能(3.5〜5.0/h) 。
3)SABロッドが脱着可能なため、専用機の必要がなく掘削機械を削減できる。
4)SABロッドは全ての汎用型ドリルジャンボに取付け可能で、ベースマシンを問わない。
5)SABロッドおよび穿孔ビット径を70〜102mmの範囲で任意に設定可能。
6)SABロッド芯材を厚肉鋼管パイプで被覆し、このパイプを回転可能な構造としたため、SABロッドの消耗部品はパイプのみであり、ビットの摩耗も低減される。

FON工法協会このメーカーの製品一覧 >

住所〒180-0002 東京都武蔵野市吉祥寺東町2-17-1  TEL0422-21-3177 FAX0422-21-3177
HPhttp://www.fon-drill.jp/

「土工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加