推進・シールド併用工法

製品情報

推進・シールド併用工法の写真

推進・シールド併用工法は、仕上り内径1,000mm〜2,400mmを対象とした非開削による管渠構築工法である。推進工法によって、管耐荷力の限界もしくは急曲線手前の任意の地点まで施工を行って、立坑を築造することなくシールド工法に切替えが可能である。推進工法とシールド工法の両方の利点と欠点を補い合うことで、全区間を推進工法で施工することが困難な場合に、推進工法からシールド工法に切り替える工法である。

  • NETISKK-170056-A

中川企画建設株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町4-2-15 ヨドコウ第2ビル4F  TEL06-6252-1123 FAX06-6252-1124
HPhttps://www.nakagawa-kikaku.co.jp/

資料請求カートへ追加