• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 市況・価格推移 > 北海道地区 市況(現況と見通し)

北海道地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2018年8月上旬調べ。品名規格欄の↓Eは調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「本誌の見方と利用法」を参照ください。

主要資材の市況・価格推移 【札幌】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 掲載頁
異形棒鋼 SD295A D16 77 
(77)
横ばい 18
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 92 
(91)
上昇 30
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 92 
(91)
上昇 32
普通鋼板 厚板 16〜25mm 3×6 無規格 98 
(98)
横ばい 40
鉄屑 H2 17,000 
(16,000)
上昇 76
セメント 普通ポルトランド(バラ) 9,800 
(9,800)
横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 13,300 
(13,300)
横ばい 82
再生クラッシャラン 40〜0mm m3 2,350 
(2,350)
横ばい 176
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 4,600 
(4,600)
横ばい 176
コンクリート用砕石 20〜5mm m3 4,000 
(4,000)
横ばい 176
PHCパイル 350×60mm×10m A種 59,500 
(59,500)
横ばい 204
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 1,300 
(1,300)
横ばい 217
A重油 ローリー (一般) KL 72,000 
(74,000)
下降 258
ガソリン スタンド レギュラー L 135 
(135)
横ばい 258
軽油 ローリー KL 105,500 
(107,500)
下降 258
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13F) 10,800 
(10,800)
横ばい 314
ストレートアスファルト 針入度 80〜100 ローリー 88,000 
(88,000)
横ばい 328
道路用コンクリート製品 鉄筋コンクリートU形 300B 2,280 
(2,280)
横ばい 362
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 8,240 
(8,240)
横ばい 449
タイル 外装モザイクタイル 砧(磁器質)・施釉 50mm角二丁平シート m2 1,400 
(1,400)
横ばい 582
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 12,900 
(12,900)
横ばい 601
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,200 
(1,200)
横ばい 612
ラワン合板 2類(タイプ供 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 550 
(550)
横ばい 622
IV電線 600Vビニル 単線2.0mm m 32.6 
(33.8)
下降 656
CV電線 600Vビニル 3心38mm2 m 1,098 
(1,135)
下降 660
合成樹脂製可とう電線管 CD管 16mm m 27 
(27)
横ばい 702
配管用炭素鋼管 白管ねじなし SGP 25A 2,020 
(2,020)
横ばい 788
硬質塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm 1,370 
(1,370)
横ばい 830
印刷用紙 上質紙四六判 70〜135Kg 165 
(165)
横ばい 917

札幌/生コンクリート/当面、横ばい

 北海道生コン工組調べによる平成30年4〜6月期の出荷量は約23万4000m3と前年同期比13.2%減。大型工事の本格稼働が遅れ気味なことから荷動きは精彩を欠いている。しかし、市内中心部ではマンション建設等の民需が旺盛で出荷量は今後上向くものとみられる。価格は、建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万3300円どころと前月比変わらず。札幌生コン協組による共販体制も安定しており供給側に数量確保に伴う市況の乱れはみられない。先行き、横ばい推移の見通し。

札幌/コンクリート用砕石/先行き、横ばい

 生コン需要に一服感があり、市内の生コン向け出荷は減少傾向にあるものの、近隣地区の大型工事需要が下支えし堅調な荷動きが続いている。昨年度に供給側が打ち出していた値上げは良好な需要環境を背景に売り手主導で進み、3月上旬に200円浸透した。価格は、砕石20〜5mmでm3当たり4000円どころ。コスト高の環境の中、供給側は現行価格の維持に注力。今後の需要も堅調に推移する見込みで、先行き、横ばい。

札幌/木材/先行き、強含み

 価格は正角材3.65m×10.5×10.5cm、2級でm3当たり5万6000円どころ。需要期を迎え新設住宅着工戸数が増加し荷動きは堅調。一方、製材に適した小中径原木不足の長期化は供給側の原材料コストを圧迫していることから、値上げに向けた動きも見受けられる。先行き、強含み推移の公算大。

札幌/ガソリン/先行き、横ばい

 価格はレギュラーでL当たり135円(スタンド渡し、消費税抜き)どころ。原油相場が小幅変動を繰り返しており、販売会社は様子見の姿勢が強い。需要期を迎え一部スタンドには数量確保の動きもみられるが、原油相場は不透明感が強く、市況は模様眺めの展開が続きそう。先行き、横ばい。

札幌/再生加熱アスファルト混合物/先行き強含み

 北海道アスファルト合材協会調べによる平成30年4〜6月期の出荷量は、前年同期比5.4%減の約19万6000tで増加傾向にあった前年から減少に転じている。価格は、再生密粒度(13F)でt当たり1万800円どころ。メーカー側は出荷量の減少に伴う固定費比率の上昇やスト・アスの値上がりによる採算悪化に危機感を募らせており、販売価格の引き上げを唱えている。工事量が減少する中、需要者側の抵抗は予想されるものの、供給側の売り腰は強く、先行き強含みの公算大。

室蘭/再生加熱アスファルト混合物/目先、強含み

 価格は再生密粒度(13F)でt当たり1万2500円どころ。4〜6月期の出荷量は前年同期並みの水準で推移している。本格的な需要期を迎える中、供給側はスト・アス価格や輸送費の上昇分を販売価格に転嫁すべく売り腰を強めている。目先、強含みで推移しよう。

北見/生コンクリート/先行き、横ばい

 価格は建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万6600円どころ。4〜6月期の出荷量は前年同期比10%増(北見地方生コン協組調べ)。しかし、年度繰越工事案件の出荷が一巡し、今後は減少に転じる見通し。そのため、同協組では現行価格の維持に注力する構え。先行き、横ばい推移。

釧路/生コンクリート/先行き、横ばい

 価格は建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万7800円どころ。官需を中心に荷動きは堅調で4〜7月期の出荷量は約3.5万m3と前年同期比66%増(釧路生コン協組調べ)。協組では旺盛な需要を背景に現行価格の維持に注力している。先行き、横ばい推移の見込み。

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王