• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
ホーム > 市況・価格推移 > 関西地区 市況(現況と見通し)

関西地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2022年11月上旬調べ。品名規格欄の②③等は調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。
【臨時特集】建設資材価格指数が前月比-1.1ポイントと2カ月連続のマイナス

主要資材の市況・価格推移 【大阪】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295 D16 ② 101 
(101)
横ばい 22
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 ② 122 
(122)
横ばい 30
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 ② 122 
(122)
横ばい 32
普通鋼板 厚板 16~25mm 3×6 無規格 ② 150 
(150)
横ばい 40
鉄スクラップ H2 37,500 
(37,000)
上昇 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 12,800 
(10,800)
上昇 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 19,400 
(19,400)
横ばい 114
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 5,150 
(5,150)
横ばい 187
再生クラッシャラン 40~0mm m3 1,050 
(1,050)
横ばい 187
PHCパイル 350×60mm×10m A種 35,600 
(35,600)
横ばい 209
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 2,170 
(2,170)
横ばい 217
バタ角 杉 3.0m×9×9cm m3 57,000 
(57,000)
横ばい 236
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 108,000 
(113,000)
下降 240
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15~24cm 特1等 m3 122,000 
(127,000)
下降 240
軽油 ローリー KL 116,000 
(116,000)
横ばい 258
ガソリン スタンド レギュラー L 148 
(148)
横ばい 258
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 10,200 
(10,200)
横ばい 323
ストレートアスファルト 針入度 60~80 ローリー 115,000 
(118,000)
下降 330
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 9,550 
(9,550)
横ばい 447
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 13,600 
(13,600)
横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,680 
(1,680)
横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプⅡ) 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 1,030 
(1,030)
横ばい 614
IV電線 600V 単線2.0mm ② m 48.4 
(48.4)
横ばい 648
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,657 
(1,657)
横ばい 652
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A ② 2,860 
(2,860)
横ばい 770
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm ② 1,440 
(1,440)
横ばい 812

京都/コンクリート用砕石/先行き、横ばい推移

 価格は、20~5mmでm3当たり3500円と前月比変わらず。メーカー側は、人件費や運搬費等のコスト上昇を受けて、需要者側に対して値上げ交渉を続けている。しかし、相次ぐセメントの値上げを受け、需要者側は交渉を先送りしている。先行き、横ばい推移の見通し。

大阪/セメント/前月比2000円上伸

 価格は、普通ポルトランド・バラでt当たり1万2800円どころと前月比2000円の上伸。メーカー側は、採算改善を喫緊の課題として強気の姿勢で値上げ交渉を進めた結果、値上げの一部が浸透。メーカー側は積み残し分の獲得に向け強気で交渉を進める構え。当面、横ばい推移。

大阪/コンクリート型枠用合板/先行き、横ばい推移

 価格は、無塗装品ラワン12×900×1800mmで枚当たり2170円どころと前月比変わらず。流通側の仕入れコスト高が依然として続く中、さらなる値上げを進めたい意向。しかし、需要者側は高値警戒で消極的な買い姿勢に徹しており、値上げは難航している。先行き、横ばい推移。

大阪/ガソリン/目先、横ばい

 価格は、レギュラーでL当たり148円(スタンド渡し・消費税抜き)と前月比変わらず。卸価格の小幅下落に対し、販売店側は店頭価格を維持した。採算改善に向け販売側は値上げを行いたいものの、需要減の影響を避けたいことから価格維持が精いっぱい。目先、横ばいの見通し。

奈良/生コンクリート/先行き、横ばい

 価格は、21-18-20でm3当たり1万9800円と前月比変わらず。4~9月期の県内出荷量は約24万m3(工組調べ)と前年同期比横ばいで推移。目ぼしい大型工事が少なく、需要は盛り上がりを欠いている。販売側は、現行価格の維持に注力している。先行き、横ばいの見通し。