• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
ホーム > 市況・価格推移 > 四国地区 市況(現況と見通し)

四国地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2022年11月上旬調べ。品名規格欄の②③等は調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。
【臨時特集】建設資材価格指数が前月比-1.1ポイントと2カ月連続のマイナス

主要資材の市況・価格推移 【高松】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295 D16 ② 103 
(103)
横ばい 23
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 ② 123 
(123)
横ばい 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 ② 125 
(125)
横ばい 33
普通鋼板 厚板 16~25mm 3×6 無規格 ② 151 
(151)
横ばい 41
鉄スクラップ H2 40,500 
(40,000)
上昇 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 12,600 
(12,600)
横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 16,800 
(16,800)
横ばい 126
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 4,200 
(4,200)
横ばい 191
再生クラッシャラン 40~0mm m3 2,100 
(2,100)
横ばい 191
PHCパイル 350×60mm×10m A種 36,700 
(36,700)
横ばい 211
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 2,220 
(2,220)
横ばい 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 60,000 
(60,000)
横ばい 237
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 104,000 
(109,000)
下降 241
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15~24cm 特1等 m3 121,000 
(126,000)
下降 241
軽油 ローリー KL 116,500 
(116,500)
横ばい 259
ガソリン スタンド レギュラー L 148 
(150)
下降 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 14,100 
(14,100)
横ばい 325
ストレートアスファルト 針入度 60~80 ローリー 120,000 
(123,000)
下降 330
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 10,600 
(10,600)
横ばい 448
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 13,900 
(13,900)
横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,690 
(1,690)
横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプⅡ) 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 1,060 
(1,060)
横ばい 615
IV電線 600V 単線2.0mm ③ m 50.3 
(50.3)
横ばい 649
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,720 
(1,720)
横ばい 653
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A ③ 3,120 
(3,120)
横ばい 771
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm ③ 1,530 
(1,530)
横ばい 813

徳島/生コンクリート/当面、横ばい推移

 価格は、21-18-20でm3当たり1万8300円どころ。7月から実施した値上げが浸透し、その後市況は横ばいで推移。生コン組合では、セメントの再値上げ表明を受けて生コンの再値上げを模索中。今後の動向が注目されるが、当面、横ばい推移。

高松/ヒューム管/当面、横ばい推移

 価格は、外圧管B形1種300×30×2000㎜で本当たり1万600円どころ。メーカー側は、製造コスト等の上昇を背景に4月以降値上げを実施した結果、9月に約15%の価格上伸となった。原材料高が続く中、メーカー側は引き続き売り腰を強めているが、当面、現行値圏内を横ばいで推移。

高松/鉄筋コンクリートU形/先行き、横ばい推移

 価格は、300Bで個当たり1940円どころ。需要は、公共事業の小口工事向けが中心で盛り上がりを欠いている。需要者側の購買姿勢が厳しい中、メーカー側は、原材料価格のさらなる上昇を見据え、採算重視の販売姿勢を堅持している。先行き、横ばい推移の見通し。

高松/ガソリン/目先、横ばい推移

 元売卸価格の小幅な引き下げにより、価格は、レギュラーでL当たり148円(スタンド渡し・消費税抜き)と前月比2円下落。下落したものの、販売側は採算重視の意識が強く、販売競合には至っていない。原油相場が小幅な動きにとどまっていることから、目先、横ばい推移の見通し。

高知/生コンクリート/当面、横ばい推移

 価格は、21-18-20でm3当たり1万3000円どころ。4月からの値上げが満額浸透したことで、市内3協組は現在、価格維持に注力している。今後は、出荷量減少による固定費比率の増加やセメント価格の再値上げを受けて、追加値上げを検討している模様。当面、横ばいで推移しよう。