• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 市況・価格推移 > 九州地区 市況(現況と見通し)

九州地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2019年8月上旬調べ。品名規格欄の↓Eは調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「本誌の見方と利用法」を参照ください。

主要資材の市況・価格推移 【福岡】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 掲載頁
異形棒鋼 SD295A D16 68 
(69)
下降 24
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 85 
(86)
下降 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 86 
(87)
下降 33
普通鋼板 厚板 16〜25mm 3×6 無規格 88 
(89)
下降 41
鉄屑 H2 16,500 
(16,500)
横ばい 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 10,300 
(10,300)
横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 13,450 
(13,450)
横ばい 128
再生クラッシャラン 40〜0mm m3 2,100 
(2,100)
横ばい 192
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 3,000 
(3,000)
横ばい 192
コンクリート用砕石 20〜5mm m3 2,800 
(2,800)
横ばい 192
PHCパイル 350×60mm×10m A種 35,500 
(35,500)
横ばい 211
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 1,390 
(1,390)
横ばい 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 32,000 
(32,000)
横ばい 237
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 60,000 
(60,000)
横ばい 241
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15〜24cm 特1等 m3 64,000 
(66,000)
下降 241
A重油 ローリー (一般) KL 66,500 
(67,000)
下降 259
ガソリン スタンド レギュラー L 132 
(132)
横ばい 259
軽油 ローリー KL 96,000 
(96,500)
下降 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 9,500 
(9,500)
横ばい 324
ストレートアスファルト 針入度 60〜80 ローリー 84,000 
(84,000)
横ばい 330
道路用コンクリート製品 鉄筋コンクリートU形 300B 1,500 
(1,500)
横ばい 367
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 7,040 
(7,040)
横ばい 452
タイル 外装モザイクタイル 砧(磁器質)・施釉 50mm角二丁平シート m2 1,400 
(1,400)
横ばい 584
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 12,500 
(12,500)
横ばい 601
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,260 
(1,260)
横ばい 612
ラワン合板 2類(タイプ供 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 540 
(540)
横ばい 623
IV電線 600Vビニル 単線2.0mm m 31.9 
(31.9)
横ばい 657
CV電線 600Vビニル 3心38mm2 m 1,072 
(1,072)
横ばい 661
合成樹脂製可とう電線管 CD管 16mm m 26 
(26)
横ばい 702
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A 2,000 
(2,000)
横ばい 789
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm 1,310 
(1,310)
横ばい 831
印刷用紙 上質紙四六判 70〜135Kg 162 
(162)
横ばい 917

福岡/生コンクリート/先行き、横ばい推移

 福岡県生コン工組調べによる2019年4〜6月期の出荷量は、35万5000m3と前年同期比0.7%増。中心部市街地再開発事業などの民間大型建築工事に支えられ、昨年に引き続き出荷は高水準で推移している。
 価格は、建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万3450円どころ。販売側は、旺盛な需要を背景に売り腰を引き締めており、価格は安値が姿を消し安定した状況となっている。先行き、横ばいで推移しよう。

福岡/コンクリート用砕石/目先、横ばい

 福岡県砕石業協組調べによる2019年4〜6月期の砕石類総出荷量は、約23万7000m3と前年同期比4%減。コンクリート用の出荷が好調を維持する一方で、道路用は低迷が続いている。価格は、20〜5mmでm3当たり2800円どころと横ばい推移。メーカー側では、人件費の上昇や設備更新等に伴うコスト増を理由に2019年4月出荷分より値上げを打ち出し、交渉に臨んでいるが、需要者側の抵抗は厳しく、進展は見られない。目先、横ばいで推移。

福岡/再生加熱アスファルト混合物/先行き、横ばい推移

 2019年4〜6月期のアスファルト混合物製造量は、約27万1900tと前年同期比10.5%減(福岡県アスファルト合材協会調べ)。需要は力強さに欠け、低調なものとなっている。価格は、再生密粒度(13)でt当たり9500円どころ。
 メーカー側は、原材料のスト・アス価格の高止まりによるコスト増加分を販売価格に転嫁したい意向だが、需要家からの指し値は厳しく、現行水準維持が精いっぱいの状況。先行き、横ばい推移の見通し。

佐賀/コンクリート用砕石/目先、横ばいで推移

 価格は、20〜5mmでm3当たり3200円どころ。メーカー側は運搬コスト上昇や製造設備保守費の増加を理由に500円の値上げを打ち出している。需要者である生コンメーカー側は、生コン出荷が低調なことから、値上げに対する抵抗は強く、交渉に進展はみられない。目先、横ばいで推移。

熊本/再生加熱アスファルト混合物/先行き、弱含み

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万1000円どころ。需要は、周辺の被災地区に集中しており、市内中心部では減少している。こうした中、需要者側の指し値は厳しさを増しており、販売側では値下げに応じる場面もみられる。先行き、弱含みの見通し。

宮崎/再生加熱アスファルト混合物/先行き、横ばい

 価格は、再生密粒度(13)でt当たり1万1600円どころ。販売側は、製造コストおよび輸送費の上昇分を販売価格へ転嫁すべく交渉を進めているが、需要の増加が期待薄の中、需要者側の指し値は厳しく、現状維持が精いっぱい。先行き、横ばい。

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王