• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
ホーム > 市況・価格推移 > 九州地区 市況(現況と見通し)

九州地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2022年11月上旬調べ。品名規格欄の②③等は調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。
【臨時特集】建設資材価格指数が前月比-1.1ポイントと2カ月連続のマイナス

主要資材の市況・価格推移 【福岡】

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295 D16 ② 105 
(108)
下降 24
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 ② 122 
(122)
横ばい 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 ② 125 
(125)
横ばい 33
普通鋼板 厚板 16~25mm 3×6 無規格 ② 145 
(145)
横ばい 41
鉄スクラップ H2 40,000 
(40,000)
横ばい 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 12,600 
(11,600)
上昇 78
生コンクリート 21-18-20(25) m3 15,450 
(15,450)
横ばい 128
コンクリート用砂 荒目(洗い) m3 3,300 
(3,300)
横ばい 192
再生クラッシャラン 40~0mm m3 1,800 
(1,800)
横ばい 192
PHCパイル 350×60mm×10m A種 35,500 
(35,500)
横ばい 211
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 2,130 
(2,130)
横ばい 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 52,000 
(52,000)
横ばい 237
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 107,000 
(112,000)
下降 241
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15~24cm 特1等 m3 122,000 
(127,000)
下降 241
軽油 ローリー KL 117,500 
(117,500)
横ばい 259
ガソリン スタンド レギュラー L 152 
(151)
上昇 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 10,600 
(10,600)
横ばい 324
ストレートアスファルト 針入度 60~80 ローリー 118,000 
(121,000)
下降 330
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 10,500 
(10,500)
横ばい 448
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 14,100 
(14,100)
横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,690 
(1,690)
横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプⅡ) 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 1,060 
(1,060)
横ばい 615
IV電線 600V 単線2.0mm ③ m 50.3 
(50.3)
横ばい 649
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,720 
(1,720)
横ばい 653
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A ③ 3,120 
(3,120)
横ばい 771
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm ③ 1,530 
(1,530)
横ばい 813

福岡/コンクリート用砕石/前月比300円上伸

 価格は、20~5mmでm3当たり3100円どころと前月比300円上伸。メーカー側が、製造コスト増や運搬費高騰分を転嫁すべく値上げを打ち出し、旺盛な需要を背景に強腰の姿勢で交渉に臨んだ結果、価格が上昇した。販売側の売り腰に緩みはみられず、先行き、横ばい推移。

福岡/ヒューム管/目先、横ばい推移

 価格は、外圧管B形1種300×30×2000で本当たり1万500円どころ。需要は依然として盛り上がりを欠く状況。供給側は製造コスト増加による採算の悪化に危機感を強め、販価の引き上げに向け売り腰を引き締めている。しかし、需要者側の購買姿勢は厳しく、目先、横ばい推移。

福岡/異形棒鋼/前月比3000円下落

 価格は、SD295・D16でt当たり10万5000円と前月比3000円下落。需給に引き締まりを欠く中、需要者側の指し値に抗しきれず下落した。メーカー側は、電力料金急騰を受けて販価引き上げに注力するも、鉄スクラップ価格の弱基調により需要者側の反発は強く、目先、横ばい推移。

長崎/生コンクリート/目先、横ばい

 価格は、21-18-20でm3当たり1万5050円どころ。今年2月に非組合員が生コン協組に加盟し、協組のシェアが拡大したことで安定した相場展開が続いている。今後、セメントや骨材の値上げが控えており、協組側では価格改定を検討している。目先、横ばいで推移。

大分/生コンクリート/当面、横ばい推移

 需要は、官民ともに大型工事に恵まれず、精彩を欠いた状況。生コン協組による強固な共販体制が維持されていることから、今夏に1500円上伸以降も、価格は、21-18-20でm3当たり1万6850円どころを底堅く推移している。当面、横ばい推移の見込み。

鹿児島/生コンクリート/先行き、横ばい推移

 価格は、21-18-20でm3当たり1万9800円どころ。マンションを中心とした民需が旺盛で、出荷は堅調に推移している。鹿児島生コン協組の共販体制に乱れはなく、販売側主導の相場形成が維持されている。先行き、横ばい推移の見通し。