• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

上下水道工|マグマロック工法 マグマロック/マグマロックNGJ/マグマロックmini・NGJ|日本スナップロック協会

上下水道工|マグマロック工法 マグマロック/マグマロックNGJ/マグマロックmini・NGJ|日本スナップロック協会

NETIS登録番号:(旧)KT-130056-A

 

  • mini・NGJ用遠隔施工イメージ図
    mini・NGJ用遠隔施工イメージ図
  • 遠隔施工装置を使用機材一覧
    遠隔施工装置を使用機材一覧

  •  

    概 要

    管きょ継手部の耐震化として開発されたマグマロック工法は、レベル2地震動による抜出しおよび屈曲に、耐える水密性能を有した耐震化工法である。
    下記の種類で展開され、耐震化を実施する対象に合わせて選択が可能となっている。
     
    ・管きょと管きょの継ぎ手部の耐震化
     [マグマロック工法(管きょ)]φ800~φ3500
    ・マンホールの継手部の耐震化
     [マグマロック工法(マンホール)]φ900~φ1800(1~4号)
    ・マンホールと管きょの接続部の耐震化
     [マグマロック工法NGJ]φ800~φ3000
     [マグマロック工法mini・NGJ]φ200~φ700

     
     

    特 長

    マグマロック工法シリーズ共通
    1.レベル2地震動に耐える耐震構造へ改善可能。
    2.外水圧0.1MPaに耐える水密性能を有する。
    3.φ600のマンホール口から全ての資機材が搬入可能。
    4.管内の共用状態を問わず施工可能。
    5.使用する耐震材料は二次製品であるため、品質が安定している。

     
     

    新技術(遠隔施工装置)

    小口径推進管における、マンホールと管きょの耐震構造への改善については、(公社)日本下水道協会によれば「…同じ立坑基礎上に築造される人孔と空伏せ部は地震時に一体的に挙動する。」(下水道施設耐震計算例‐管路施設編‐質疑応答集問2.5)とされている。
     
    遠隔施工装置は、“山留もしくは空伏せコンクリートの端部より500mm以内へ誘導目地の設置”を可能にするため開発されたものである。
     
    この新技術により、従来のマグマロック工法mini・NGJ適用条件であった“管口から半管(1.0m~1.2m)程度”の制限をクリアし、最大5.0mまで施工可能としている。

     
     

    遠隔施工適用条件

    1.適用管径はφ250からφ700まで。
    2.施工箇所は管口より最大5.0mまで。
    3.山留もしくは空伏せコンクリート端部の位置を図面等で確認可能であること。
    4.施工時の管内水位は管径の25%以内であること。

  • 標準施工と遠隔施工の比較イメージ
    標準施工と遠隔施工の比較イメージ

  • 遠隔施工の様子
    遠隔施工の様子
  • 遠隔施工の様子

  •  

    「上下水道工|マグマロック工法 マグマロック/マグマロックNGJ/マグマロックmini・NGJ|日本スナップロック協会」の資料請求はこちらから

    日本スナップロック協会 メーカーの製品一覧 >

    住所 〒 160-0004 東京都新宿区四谷2-10-3 TMSビル4F TEL 03-3355-3851 FAX 03-3355-3852
    HP http://www.snap-lock.jp/

    「上下水道工|マグマロック工法 マグマロック/マグマロックNGJ/マグマロックmini・NGJ|日本スナップロック協会」

    「その他」 同じカテゴリの電子カタログ

    資料請求カートへ追加