S・シールド

製品情報

杭式落石防護柵/鋼管型落石防護柵

S・シールドの写真

新たな緩衝機構により、斜面からの落石をスマートに防護する鋼管型落石防護柵。落石が衝突した際、端末のロープ取付金具が落石の衝突エネルギーを効率よく吸収しながらスライドする。ダウンザホールハンマ等の大がかりな杭打機ではなく、エアーハンマー式削孔機械を使用して鋼管杭式基礎を設置。鋼管杭中に鞘管式で支柱を立て込むため、施工性に優れている。

  • NETISHK-170009-A

詳細説明

主な特長
1)優れた施工性
ダウンザホールハンマ等の大がかりな杭打機ではなく、エアーハンマー式削孔機械を使用して鋼管杭式基礎を設置。モノレール等による搬出入が可能で、施工性に優れている。
2)さまざまな現場条件での施工が可能
鋼管杭をハンマービットで掘削しながら打込むため、玉石礫混じり土、崖錐等でも問題なく施工可能、鋼管杭基礎の効果で孔壁が崩れる心配もない。
3)単スパンの設置が可能
実物大重錘衝突実験で単スパンでの落石捕捉性能も確認できており、1スパンからの設置が可能。

東京製綱株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒103-8306 東京都中央区日本橋3-6-2 日本橋フロント  TEL03-6366-7788 FAX03-3278-6870
HPhttp://www.tokyorope.co.jp/

資料請求カートへ追加