• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

K-PREX工法

製品情報

既設コンクリート構造物へのプレストレス導入技術

K-PREX工法の写真

「K-PREX工法」は、既設コンクリート構造物にプレストレスを導入する技術である。本工法では、既設コンクリート構造物部材にコアドリルで削孔した後に、最深部を専用の特殊削孔機で円錐状に拡径削孔を行う。そこに先端にグリップを設けた緊張材を配置し、拡径削孔部の空隙を専用の特殊充填材で満たすことにより、部材内部にくさび状の固定定着部を構築する。これにより、あと施工でプレストレスを導入し、既設部材および増設部材を内部から補強する技術である。

  • NETISCG-200015-A

極東興和株式会社このメーカーの製品一覧 >

住所〒732-0052 広島県広島市東区光町2-6-31  TEL082-261-1204 FAX082-261-1269
HPhttps://www.kkn.co.jp/

「橋梁補修補強工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加