建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工|循環式 ハイブリッドブラストシステム|一般社団法人循環式ハイブリッドブラストシステム工法協会
NETIS登録番号:QS-150032-VE

 
循環式システム イメージ図


 

研削材の再利用を可能にしたブラスト工法

「循環式ハイブリッドブラストシステム」は、橋梁補修補強工等において、鋼構造物の素地調整(1種ケレン)やコンクリート劣化部のチッピングを行うための循環式機能付きのブラスト工法である。
 
ブラスト処理後のケレンかす(研削材・剥離物)を吸引分別し、研削材を再利用できるのが特長。操作も、すべて筒先のボタン方式で制御することができ省力化を実現している。
 
ブラストマシンは大型機から小型機まで5タイプが取り揃えられており、さまざまな現場への対応が可能である。
 
 

製品ラインアップ

  • Type1

    Type-1(大型機)
    ブラスト投射200mまで施工可能。
    ブラスト機設置個所が整ってお
    り、長期現場に対応。

  • Type2

    Type-2(中型機)
    ブラスト投射100mまで施工可能。
    長期現場およびヤード内移動現場
    に対応。

  • Type3

    Type-3(車載型小型機)
    ブラスト投射80mまで施工可能。
    規制帯やヤード設置制限がある現
    場に最適。

  • Type4

    Type-4・5(車載型小型機)
    ブラスト投射60mまで施工可能。
    ウィング車積載型で周辺環境にも
    配慮でき、短期現場に最適。



 

特 長

1.研削材の循環式機能を付加したことにより、産業廃棄物の排出量を低減できるため、経済性の向上および環境負荷低減が期待できる。
 
2.研削材にスチールグリッドを採用することにより粉塵の発生を抑制できるため、作業環境が向上する。
 
3.大型機から小型機まで取り揃えたことにより、施工条件や現場条件に応じて機種を選定できるため、施工性の向上が期待できる。
 
4.車載型ブラスト機の場合、移動性に優れるため設置スペースに制約がある現場や点在する現場に有効である。
 
5.筒先のボタン操作のみで制御できるため、操作に係る労務コストを縮減できる。
 
 
 

従来技術との比較

●塗装面積1,000m²の鋼桁を施工した場合の産業廃棄物発生量の比較
比較表
※基準数量:鋼橋桁1000㎡(想定既設膜厚500μ)


 

●ブラスト作業における作業員数の比較

従来ブラスト機では難易度が高い作業が多く、熟練工に頼る部分が大きかったが、循環式ハイブリッドシステムは電気制御で管理されているため安全性が高く、特殊作業員の人数も削減することができる。


 


電子カタログPDF

循環式ハイブリッドブラストシステム の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

一般社団法人循環式ハイブリッドブラストシステム工法協会
TEL : 052-625-7776     FAX : 052-625-7666
https://haibrid.biz/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧