アウトプレート工法

製品情報

炭素繊維プレートの両端にアウトプレートを緊張して接着し、構造物を補強する工法

アウトプレート工法の写真

炭素繊維の高強度な材料を活用し、引き抜き成形された炭素繊維プレートを直接緊張することにより各部材にプレストレスを導入し、コンクリート・鋼構造物を補強する工法。アウトプレートは、鋼製定着体に所定の長さに切断した炭素繊維プレートを挿入し、定着用膨張材を充填して鋼製定着体と炭素繊維プレートを一体化する。

詳細説明

[特長]
1) 優れた曲げ補強効果により、終局曲げ耐力が向上し、鉄筋コンクリート構造では鉄筋応力が改善される。
2)プレストレス導入によりひび割れ抑制効果に優れ、コンクリート部材のひび割れ発生限界値を向上できる。
3)プレストレス導入により、たわみの回復に対しても有効である。
4)外ケーブルに比べ緊張材が薄くコンクリートに接着する工法であり、建築限界・河川限界に影響せず、本体の景観性は補強後においても変化が少ない。
5)連続桁の支点上の補強が下面から可能で、中間支点上ではプレストレスによる2次モーメントにより負の曲げモーメントを低減できる。

アウトプレート工法研究会このメーカーの製品一覧 >

住所〒110-0015 東京都台東区東上野2-1-11 サンフィールドビル5F ドーピー建設工業(株)東京本社営業企画部内  TEL03-5806-5413 FAX03-5806-5418
HPhttp://www.outplate.com/

「橋梁補修補強工」でよく見られている製品

上記全てを資料請求カートへ追加

資料請求カートへ追加