• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 橋梁補修補強工 > アウトプレート工法

←このボタンをクリックすると
資材カテゴリーが表示されます。

アウトプレート工法

炭素繊維プレートの両端にアウトプレートを緊張して接着し、構造物を補強する工法
画像をクリックすると拡大画像をご覧いただけます。

炭素繊維の高強度な材料を活用し、引き抜き成形された炭素繊維プレートを直接緊張することにより各部材にプレストレスを導入し、コンクリート・鋼構造物を補強する工法。アウトプレートは、鋼製定着体に所定の長さに切断した炭素繊維プレートを挿入し、定着用膨張材を充填して鋼製定着体と炭素繊維プレートを一体化する。

  • この商品を詳しく知りたい
  • 一括資料請求リストに追加

[特長]
1) 優れた曲げ補強効果により、終局曲げ耐力が向上し、鉄筋コンクリート構造では鉄筋応力が改善される。
2)プレストレス導入によりひび割れ抑制効果に優れ、コンクリート部材のひび割れ発生限界値を向上できる。
3)プレストレス導入により、たわみの回復に対しても有効である。
4)外ケーブルに比べ緊張材が薄くコンクリートに接着する工法であり、建築限界・河川限界に影響せず、本体の景観性は補強後においても変化が少ない。
5)連続桁の支点上の補強が下面から可能で、中間支点上ではプレストレスによる2次モーメントにより負の曲げモーメントを低減できる。

アウトプレート工法 の資料請求はこちらから

矢印
すぐにカタログを取り寄せる
一括資料請求に追加をする

アウトプレート工法研究会
TEL : 03-5806-5410     FAX : 03-5806-5411
http://www.outplate.com/

PR

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王