AT-P工法

製品情報

補強筋埋設方式耐震補強工法

AT-P工法の写真

RC巻立て工法や従来のPCM巻立て工法に比べ、補強部巻立て厚を極度に抑えた(最小34mm)橋脚耐震補強工法。既設橋脚表面に溝を刻み、従来工法では表面に配置していた補強軸方向筋を既設橋脚表面に埋め込みエポキシ樹脂で定着することによって、補強に伴う橋脚の肥大化を最小限に抑えるこができる。

  • NETIS(旧)QS-060003-VE

AT工法研究会このメーカーの製品一覧 >

住所〒877-0045 大分県日田市亀山町4-4 (株)アーテック内  TEL0973-23-9083 FAX0973-22-8092
HPhttp://www.kkat.co.jp/

資料請求カートへ追加