ホーム > 市況・価格推移 > 関東地区 市況(現況と見通し)

関東地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2021年4月上旬調べ。品名規格欄の↓Eは調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。

主要資材の市況・価格推移 【東京】

品名をクリックすると、各資材の過去1ヵ年の価格推移がご覧になれます。

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 先行き 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295A D16 78 
(78)
横ばい 上昇 20
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 83 
(83)
横ばい 上昇 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 82 
(82)
横ばい 上昇 33
普通鋼板 厚板 16〜25mm 3×6 無規格 86 
(86)
横ばい 上昇 41
鉄スクラップ H2 30,500 
(33,000)
下降 上昇 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 10,800 
(10,800)
横ばい 横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) 17区 m3 14,700 
(14,700)
横ばい 横ばい 98
コンクリート用砂 細目(洗い) 17区  m3 4,850 
(4,850)
横ばい 横ばい 182
コンクリート用砕石 20〜5mm 17区 m3 4,650 
(4,650)
横ばい 横ばい 182
再生クラッシャラン 40〜0mm 17区 m3 1,200 
(1,200)
横ばい 横ばい 182
PHCパイル 350×60mm×10m A種 29,600 
(29,600)
横ばい 横ばい 206
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 1,270 
(1,240)
上昇 上昇 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 30,000 
(30,000)
横ばい 横ばい 235
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 60,000 
(60,000)
横ばい 上昇 239
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15〜24cm 特1等 m3 65,000 
(65,000)
横ばい 上昇 239
A重油 ローリー (一般) KL 64,000 
(63,000)
上昇 横ばい 259
軽油 ローリー KL 97,000 
(96,000)
上昇 横ばい 259
ガソリン スタンド レギュラー L 134 
(129)
上昇 横ばい 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 8,200 
(8,200)
横ばい 横ばい 319
ストレートアスファルト 針入度 60〜80 ローリー 73,000 
(73,000)
横ばい 横ばい 330
道路用コンクリート製品 鉄筋コンクリートU形 300B 1,580 
(1,580)
横ばい 横ばい 363
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 10,500 
(10,500)
横ばい 横ばい 446
タイル 外装モザイクタイル 砧(磁器質)・施釉 50mm角二丁平シート m2 1,400 
(1,400)
横ばい 横ばい 578
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 12,600 
(12,600)
横ばい 横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,400 
(1,400)
横ばい 横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプ供 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 570 
(550)
上昇 上昇 615
IV電線 600V 単線2.0mm m 39.7 
(37.7)
上昇 横ばい 648
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,352 
(1,280)
上昇 横ばい 652
合成樹脂製可とう電線管 CD管 16mm m 26 
(26)
横ばい 横ばい 690
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A 1,840 
(1,840)
横ばい 横ばい 770
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm 1,230 
(1,230)
横ばい 横ばい 812
印刷用紙 上質紙四六判 70〜135Kg 143 
(143)
横ばい 横ばい 897

水戸/生コンクリート/当面、横ばい推移

 価格は、建築標準物(21-18-25)でm3当たり1万3800円どころ。今年度は東海原電向けの需要が期待されていたが、工事の遅延から総じて足元の荷動きは一服状態となっている。販売側は現行価格を維持する構えで、当面、横ばいで推移しよう。

前橋・高崎/生コンクリート/当面、横ばい

 価格は、建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万2700円と前月比変わらず。需要をけん引する大型工事が少なく、荷動きは盛り上がりを欠いている。販売側は、出荷減による固定費比率の上昇を理由に、需要者側の値引き要求には応じず、現行価格の維持に懸命。当面、横ばい。

千葉/生コンクリート/当面、横ばい

 価格は、建築標準物(21-18-20)でm3当たり1万1800円どころ。販売側は昨年1月から実施の1000円の値上げについて、未達分を獲得すべく売り腰を引き締めている。今のところ新規引き合いが少なく。価格交渉に進展はみられない。当面、横ばい。

甲府/コンクリート用砕石/先行き、横ばい推移

 価格は、20〜5mmでm3当たり3150円と前月比変わらず。販売側は、運搬車両の確保を目的に価格の引き上げ要求を続けている。需要者側は値上げに対し否定的なものの、足元では生コン市況が上伸していることから、交渉は本格化するとみられる。先行き、横ばい推移。