• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す
ホーム > 市況・価格推移 > 関東地区 市況(現況と見通し)

関東地区 市況(現況と見通し)

経済調査会2022年11月上旬調べ。品名規格欄の②③等は調査段階を示します。
調査段階は月刊『積算資料』の「積算資料の見方」(目次12)を参照ください。
【臨時特集】建設資材価格指数が前月比-1.1ポイントと2カ月連続のマイナス

主要資材の市況・価格推移 【東京】

品名をクリックすると、各資材の過去1ヵ年の価格推移がご覧になれます。

品名 規格 単位 税別価格
(前月価格)
前月比 先行き 積算資料
掲載頁
異形棒鋼 SD295 D16 ② 113 
(113)
横ばい 上昇 20
H形鋼 200×100×5.5×8mm SS400 ② 123 
(123)
横ばい 横ばい 31
等辺山形鋼 6×50×50mm SS400 ② 122 
(122)
横ばい 横ばい 33
普通鋼板 厚板 16~25mm 3×6 無規格 ② 145 
(145)
横ばい 横ばい 41
鉄スクラップ H2 39,500 
(39,000)
上昇 下降 75
セメント 普通ポルトランド(バラ) 12,800 
(12,800)
横ばい 横ばい 78
生コンクリート 21-18-20(25) 17区 m3 18,200 
(15,200)
上昇 横ばい 98
コンクリート用砂 細目(洗い) 17区  m3 5,150 
(5,000)
上昇 横ばい 182
再生クラッシャラン 40~0mm 17区 m3 1,200 
(1,200)
横ばい 横ばい 182
PHCパイル 350×60mm×10m A種 32,900 
(32,900)
横ばい 横ばい 206
コンクリート型枠用合板 無塗装品ラワン 12×900×1800mm 2,200 
(2,200)
横ばい 横ばい 217
バタ角 杉 4.0m×10×10cm m3 49,000 
(49,000)
横ばい 横ばい 235
杉正角材(KD) 3.0m×10.5×10.5cm 特1等 m3 100,000 
(105,000)
下降 下降 239
米松平角材(KD) 4.0m×10.5(12)×15~24cm 特1等 m3 115,000 
(120,000)
下降 下降 239
軽油 ローリー KL 116,000 
(116,000)
横ばい 横ばい 259
ガソリン スタンド レギュラー L 149 
(149)
横ばい 横ばい 259
再生加熱アスファルト混合物 再生密粒度 (13) 9,500 
(9,500)
横ばい 上昇 319
ストレートアスファルト 針入度 60~80 ローリー 115,000 
(118,000)
下降 上昇 330
ヒューム管 外圧管 B形1種 300×30×2000mm 11,300 
(11,300)
横ばい 横ばい 446
ビル用アルミサッシ 引違い窓70mm 1400×1200mm 14,200 
(14,200)
横ばい 横ばい 595
板ガラス フロート板ガラス FL5 5mm 2.18m2以下 特寸 m2 1,680 
(1,680)
横ばい 横ばい 605
ラワン合板 2類(タイプⅡ) 2.5×910×1820mm F☆☆☆☆ 1,030 
(1,030)
横ばい 横ばい 615
IV電線 600V 単線2.0mm ② m 48.8 
(48.8)
横ばい 上昇 648
CVケーブル 600V 3心38mm2 m 1,670 
(1,670)
横ばい 上昇 652
配管用炭素鋼鋼管 白管ねじなし SGP 25A ② 2,860 
(2,860)
横ばい 横ばい 770
硬質ポリ塩化ビニル管 一般管(VP) 呼び径50mm ② 1,440 
(1,440)
横ばい 上昇 812

宇都宮/生コンクリート/前月比1000円上昇

 価格は、21-18-20でm3当たり1万3300円どころと前月比1000円の上伸。栃木県中央生コン協組は、原材料の高騰を背景に今年4月引き合い分から2500円の値上げを表明。秋入り後に交渉が進展し、値上げの一部が浸透した。同協組は未達分を獲得すべく、交渉を継続する構え。目先、横ばい。

さいたま/コンクリート用砕石/先行き、横ばい推移

 価格は、20~5mmでm3当たり3950円と前月比変わらず。7月に250円の市況上伸がみられたが、まだ目標額に達していないとして、販売側は価格引き上げの要求を継続している。需要者側は、難色を示しており交渉は進展していない。先行き、横ばいで推移しよう。

横浜/生コンクリート/目先、強含み推移

 価格は、21-18-20でm3当たり1万3100円どころ。販売側は、6月引き合い分から3000円値上げを表明し、浸透に向け売り腰を引き締めてきた。ここにきて、需要者側の購買姿勢に軟化がみえ始めており、価格交渉が進展する見込み。目先、強含みで推移。

長野/生コンクリート/先行き、強含み推移

 価格は、21-18-20でm3当たり1万8450円どころ。原材料であるセメント価格等の高騰を背景に、長水生コン協組は10月出荷分から2000円の値上げに取り組んでいる。工場の新設などの民間需要が旺盛で、足元の出荷量が好調に推移する中、販売側の売り腰は強く、先行き、強含み。