• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設ソフト、IT関連 > ハードウェア

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)は、屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレットコンピューター『TOUGHPAD(タフパッド)FZ-G1/FZ-M1』シリーズの新モデルを、7月下旬より順次企業法人向けに発売する。
 
屋外や過酷な現場に適した頑丈タブレットコンピューター『TOUGHPAD FZ-G1/FZ-M1』シリーズ
 
■製品の概要
「TOUGHPAD FZ-G1」は、耐落下・耐衝撃、防塵・防滴の頑丈設計を継承し、CPUの強化を図りながら独自の放熱設計によりバッテリー駆動時間を約40%向上(前モデル比)した。
「TOUGHPAD FZ-M1」は、これまでの高性能なCore iプロセッサーモデルに加えて、Celeronモデルをラインアップに追加する。
両シリーズとも、ユーザーの現場用途に合あわせて、本体一体型の拡張インターフェースや通信機能などを組み込み可能で、コンパクトに持ち運びが可能。
 
■問合せ先
パナソニック株式会社
TEL:0120-873029
http://panasonic.biz/pc/

このページの先頭へ




キヤノン株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役会長兼社長 CEO:御手洗 冨士夫)は、大判インクジェットプリンター『imagePROGRAF(イメージプログラフ)』シリーズの新製品として、CAD/GIS(地理情報システム)図面などの出力に適した「iPF785」「iPF780」「iPF685」「iPF680」の計4機種を7月下旬より発売する。
 
大判インクジェットプリンター『imagePROGRAF』シリーズの新製品が発売
 
■製品の概要
「iPF785」「iPF780」はA0ノビ、「iPF685」「iPF680」はA1ノビに対応した5色モデル。
基本性能である高速出力・高画質・低コストをさらに進化させ、また同梱するソフトウエアを拡充することで、生産性と出力ワークフローの利便性が向上している。
CAD/GIS図面を出力する建築、土木、製造、官公庁などの大規模ネットワーク環境から中規模ワークグループだけでなく、高品位ポスターを出力する流通業や小売店、教育現場など、幅広い大判プリントニーズに応える。
 
「iPF785」「iPF780」はA1サイズを最速約21秒で高速出力することが可能。
また、新開発のマゼンタインク採用により、図面の赤い線画や文字および地図などの視認性を向上するほか、赤や黄色の発色に優れた鮮やかなポスター作成を実現する。
さらに、大容量300mlインクタンクを用意し、インクタンクの交換頻度とインクコストを低減する。
 
図面出力ワークフローを効率化するソフトウエア「imagePROGRAF Direct Print&Share(DPS)」のダイレクトプリント機能でCAD図面ファイル形式HP-GL/2に対応し、基幹システムにおける図面の大量印刷時の利便性を向上。
さらに、iPadから大判プリントを可能にする無料アプリ「imagePROGRAF Print Utility」を新たに開発し、多様な使用環境での大判プリントを実現する(2014年8月のリリースを予定)。
 
■標準価格(税抜き)
「iPF785」:648,000円
「iPF780」:398,000円
「iPF685」:428,000円
「iPF680」:268,000円
 
■問合せ先
キヤノン株式会社 キヤノンお客様相談センター
TEL:050-555-90063
http://canon.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)は、4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ『HX-A500』を発売した。
 
4K30p撮影対応のウェアラブルカメラ『HX-A500』
 
■製品の概要
身につけて撮影し撮影者の目線から見た臨場感あふれる映像を記録できるカメラ。
高品位なセンサー、エンジン、レンズを新採用して画質を大幅に高め、4K30p撮影を実現した。
カメラ部と本体部が分かれている二体型スタイルで、カメラ部が小型・軽量で撮影時の負担が少なく、カメラ部を装着したまま手元の本体部で操作が可能。
 
■問合せ先
パナソニック株式会社
TEL 0120-878-365
http://panasonic.jp/wearable/a500/

このページの先頭へ




オリンパスイメージング株式会社(本社:東京都八王子市、社長:小川 治男)は、防水・防塵性能、耐落下衝撃性能、耐低温の性能を持ち、現場での撮影に大きな効果を発揮する工事写真用カメラ『OLYMPUS STYLUS(スタイラス) TG-3 工一郎』を、同社オンラインショップ(http://shop.olympus-imaging.jp/)にて、7月に発売する。
 
2年保証付き工事専用カメラ『OLYMPUS STYLUS TG-3 工一郎』
 
■製品の概要
主な特長は下記の通り。
 
1.F2.0の明るい大口径レンズで、暗く狭い現場でもぶれを抑えて高い画質
●F2.0のレンズ

F2.0は、レンズが非常に明るいことを示す。
暗くて狭い室内や撮影ポイントが制約される現場でもISO感度を低く抑えた撮影ができるため、ノイズを抑え、被写体に対してベストな撮影が可能。
●広角から望遠の常用域を高画質でカバー
引きのない現場を広く撮れる25mmに相当する広角から、中望遠の100mmまでの画角を保持。
DSA(大偏肉両面非球面)レンズに代表される、同社のレンズ技術と、一眼用レンズと同じ素材を投入。
DSAレンズは、1枚で大きな屈折と、高い収差補正能力を発揮し、他にも、HR/HDレンズ(高屈折率レンズ)を配置し、明るい広角ズームで生じがちな色にじみを抑制している。
●一眼用の画像処理エンジン「TruePic VII」
同社デジタル一眼の「OM-D E-M1」のために開発した高性能な画像処理エンジン「TruePic VII」を搭載。
1600万画素の裏面照射型CMOSセンサーとの組み合わせで、極めて高い画質を提供する。
 
2.あらゆる現場環境でも確実に撮れる工事写真専用モード、電子納品に適したCALS設定で立ち上がる「簡単CALS」
●工事写真専用モード

トンネル坑道内のほこりが多く薄暗い場所や、フラッシュ撮影時の黒板の文字やコンベックス目盛りなどの反射、広い空間を写すと奥の方が暗くなるなどの問題の解決をサポートする工事写真専用のシーンモードを搭載。
シーン選択は、「工事写真クリアモード1」「工事写真クリアモード2」「工事写真クリアモード3」「屋内撮影」「スローシャッター」「資料モード」と全6種類で、現場の状況にあわせて選択でき、プロでも撮影が難しい工事現場でも、簡単操作でスピーディーに確実な写真を残すことが可能。
●簡単CALS
電源を入れるだけで、国土交通省「デジタル写真管理情報基準」などが推奨する画像サイズに設定できる「簡単CALS」(120万画素相当・1280×960)により、スムーズな電子納品をサポート。
ON、OFFが可能で、撮影目的にあわせて異なる撮影サイズで起動することもできる。
 
3.GPS、内蔵Wi-Fi、電子コンパス内蔵で利便性がさらに向上
●GPS内蔵

これまでの従来機と同様にGPSを搭載するだけでなく、GLONASS・QZSSに新たに対応し、測位精度がさらに向上した。
また、PCアプリ(OLYMPUS A-GPS Utility)またはスマートフォンアプリ(OLYMPUS Image Track)を使用して、事前に衛星の軌道情報をインターネット経由で取得し、測位開始から情報取得までのスピードをさらに大幅に短縮するアシストGPSにも対応しているので、工事写真を効率的に撮影・管理する。
画像の編集・加工と撮影日時データ改変の有無を判定する「オリジナル画像判定」機能と組み合わせることで、電子納品時等、発注元からの信頼をより高めることができる。
●Wi-Fi内蔵
iPhone、Android対応のスマートフォンアプリ「OLYMPUS Image Share」をダウンロードし、スマートフォン接続機能を使用することで、AFポイントの指定、ズームを操作、シャッターを切るなど、一連の操作をカメラに触れることなく、スマートフォンやタブレット端末側で行なうことが可能。
人が入ることができない狭い場所や高い場所でも、カメラを設置し遠隔操作できる。
●電子コンパス内蔵
電子コンパスを内蔵することによって①緯度と経度、②気圧と水圧、③標高と水深、④日時の情報の確認に加えて、方位の情報を使うことができる。
 
4.写真整理を楽に!「写真振り分け機能」を搭載
工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達12」以降と連動し、工種や場所など振り分け条件を設定するだけで簡単にWindowsフォルダに振り分ける機能を搭載。
写真整理作業の軽減を図る。
 
5.2年間のカメラ保険(無料)が付いて安心をサポート
故障、破損、水損、火災、盗難などのトラブル時に安心なカメラ保険(無料)を同梱し、日本国内において偶然な事故(火災、破損、盗難等)、故障によるカメラ本体部分の損害を補償する。
1年目は、保険登録時に使用した返信封筒の消印日の翌日から購入日の12ヶ月後の前日までが補償期間となり、補償限度額は30,000円となっている。
2年目は、購入日から起算して12ヶ月以上24ヶ月後の前日までが補償期間となり、補償限度額は25,000円となる。
 
■問合せ先
オリンパスイメージング株式会社
TEL:0120-084215
http://olympus-imaging.jp/

このページの先頭へ




セイコーエプソン株式会社(本社:長野県諏訪市、代表取締役社長:碓井 稔)は、商業・産業向けインクジェットプリンター「SureColor」のPOP、ポスター、CAD用途向け4色モデル『SC-Tシリーズ』の新商品全30機種を5月下旬より発売する。
 
大判インクジェットプリンター「SureColorシリーズ」ラインナップ拡充
 
■製品の概要
「PrecisionCoreTFP プリントヘッド」の搭載と「UltraChrome XDインク」採用により、高品質印刷と高速印刷を同時に実現。
また、内蔵メモリーを同社従来機種(2012年9月発売SC-Tシリーズ)の640MBから1GBへ容量アップすることでクライアントPCが占有される時間を短縮し、プリンターの操作パネルの液晶画面を2.7インチへサイズアップするなど、使いやすさを向上した。
 
従来からある「シングルロール機」に加えて、ロール紙が2本同時にセット可能で生産性を向上した「ダブルロール機」をシリーズに追加。
また、建築・土木・設計現場においてプリンターのパネル操作のみで、青焼き図面のコピーや手書きで修正した図面のデジタル化などの用途で使用可能な、大判スキャナーを組み合わせた「大判複合機」をラインナップしている。
さらに、文教や流通小売など業種用途向けに、プリンターとA4またはA3サイズのフラットベッドスキャナーを組み合わせたフルカラー拡大コピー機や、業種向けの素材テンプレート集、長尺作成ソフトウェアを組み合わせたセットモデルも取り揃えている。
 
■問合せ先
セイコーエプソン株式会社
TEL:050-3155-8100
http://epson.jp/surecolor/

このページの先頭へ




カシオ計算機株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:樫尾 和雄)は、関数電卓開発で培ったノウハウを駆使し、測量に役立つプログラムを搭載するとともに、屋外の操作でも安心なタフネス性能を備えた土木測量専業電卓『fx-FD10 Pro』を、4月25日に発売する。
 
耐衝撃性能や防沫・防塵性能を搭載したタフな土木測量専業電卓『fx-FD10 Pro』
 
■製品の概要
屋外の現場でも安心して使用できるように、高い耐衝撃性能とIP54準拠の防沫・防塵性能を搭載した土木測量専業電卓。
測量結果からその土地の図面情報を計算する際に役立つ「トラバース計算」や、道路を施工する際のカーブの計算に役立つ「単心曲線要素計算」など、土木測量の現場で役立つ21種の基本公式プログラムを搭載。
バックライト付きの表示部と操作キーの採用で、暗い場所での操作も容易となっている。
また、実行したいプログラムを片手操作で検索できるサイドキー、濡れた手でも滑りにくいエラストマ素材をボディに採用するなど、実用性にも細部までこだわっている。
 
■問合せ先
カシオ計算機株式会社
TEL:0570-088906
http://casio.jp/

このページの先頭へ




パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)は、20型 4K IPSα液晶パネルを搭載した企業向けのタブレットコンピューター『TOUGHPAD(タフパッド)4K』UT-MA6シリーズを、6月下旬に発売する。
 
『TOUGHPAD 4K』UT-MA6シリーズ
 
■製品の概要
同社の最新デジタル技術を駆使して、紙やディスプレイを超えるリアルで直感的な操作環境を実現。
CAD/CAM、3Dグラフィックス制作をする設計部門・デザイン部門のユーザーの要望により、さらに高性能なグラフィックスプロセッサーを搭載。
3次元CADのデータをモバイルでき、設計者やデザイナーのワークフローが革新し業務効率向上に貢献する。
また、3次元CAD設計ソフトウェアなどにおいて主力のOS環境であるWindows 7にも対応し、Windows 7 Professional(Windows 8.1 proダウングレード権行使)モデルをラインナップしている。
 
■問合せ先
パナソニック株式会社
TEL:0120-873029
http://panasonic.biz/pc/

このページの先頭へ




エレコム株式会社(本社:大阪市中央区、取締役社長:葉田 順治)は、JIS保護等級 IP47相当『防水・防塵ケース』を発売した。
 
JIS保護等級 IP47相当『防水・防塵ケース』
 
■製品の概要
IS保護等級 IP47相当の防水・防塵機能を持ち、水まわりやホコリの多い場所でも気にせずにスマートフォンやタブレットなどの端末を使用可能。
巻きこみ式のフタを採用し、浸水やホコリの侵入をしっかりガードする。また背面にエアバッグを装備し、水中に沈みこまない安心構造になっている。
 
■問合せ先
エレコム株式会社
TEL 0570-084-465
http://www.elecom.co.jp/

このページの先頭へ




パナソニック システムネットワークス株式会社(本社:東京都中央区、社長:高木 俊幸)は、頑丈タブレットコンピューター『TOUGHPAD(タフパッド)』シリーズで初となる、LTE/3G回線での音声通話機能を搭載した『FZ-E1(Windows Embedded 8 Handheldモデル)』を6月中旬、『FZ-X1(Android™モデル)』を8月下旬に国内法人向けに順次発売開始する。
 
『TOUGHPAD FZ-E1』『TOUGHPAD FZ-X1』
 
■製品の概要
過酷な現場や屋外でのIT化で実績のある「TOUGHBOOK(タフブック)」シリーズの技術力をベースにした、画面が濡れていても手袋をしたままで操作ができる5型液晶搭載の頑丈タブレット。
屋外や厳しい自然環境下でICT機器を利用する用途向けに開発され、業務用アプリケーションの活用やデータの送受信に加え、音声通話も可能。
ユーザーの用途に応じて生産性を高める多彩な機能と豊富なオプション群による拡張性を兼ね備え、携帯電話、スマートフォンと、タブレット、カメラ、スキャナー、GPSなどの複数の端末で運用されていた業務が、本製品1台で可能となる。
 
■問合せ先
パナソニック システムネットワークス株式会社
TEL:0120-873029
http://panasonic.biz/it/tablet/

このページの先頭へ




株式会社 ムトーエンジニアリング(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:阿部 要一)は、描いたイメージを簡単に立体化する3Dプリンタ『Value3D MagiX MF-1000』を発売した。
 
Value3D MagiX MF-1000
 
■製品の概要
高剛性ボディとZ軸両持ちテーブルを組み合わせることで、パーソナルサイズながら高い精度の出力を可能にした3Dプリンタ。
最大20cm×20cm×17cmの造形が可能。積層レイヤーは100ミクロンを採用し、手軽に高精度に3Dデータを立体化する。
また熱溶融積層(FDM)方式により、ランニングコストも低減できる。
 
■問合せ先
株式会社 ムトーエンジニアリング
TEL 03-6758-7123
http://www.mutoheng.com/

このページの先頭へ




メルマガ登録

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード