• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 道路

株式会社 NIPPO(本社:東京都中央区、代表取締役社長:水島 和紀)は、CO2排出量を削減する半たわみ性舗装『低炭素ポリシール』を発売した。

低炭素ポリシール

■製品の概要
半たわみ性舗装は、特殊なセメント・硅砂・ポリマーなどと水を混合して製造したセメントミルクを、開粒度アスコンの空隙に浸透させる舗装工法で、同社は「ポリシール」の名で展開している。アスファルト舗装のたわみ性とコンクリート舗装の剛性をあわせ持っており、交通量の多い交差点、大型車両の停車するターミナルや構内道路などに使用される。
このほど、プレミックス材およびセメントミルク製造時のCO2排出量を大幅に削減した半たわみ性舗装「低炭素ポリシール」が開発された。低炭素セメントを主原料とする専用プレミックス材「低炭素ポリパック」に水を加えたセメントミルクを注入する工法で、コストも施工法も従来の半たわみ性舗装と同等である。
低炭素セメントは製造時のCO2排出量が普通セメントの1/8程度であり、かつ単位面積あたりのプレミックス材使用量を減らすことで、セメントミルク製造時のCO2排出量を削減した。同社従来工法に比べ、舗装体ベースで15.3%の排出量削減が可能となる。さらに母体となる開粒度アスコンに、通常より30℃低い温度で製造される中温化合材を使用し、低炭素型ポリパックを併用すれば、削減量を16.4%にまで高められる。
環境省の「環境ラベル等データベース」の登録を申請中。

■問合せ先
株式会社 NIPPO
TEL 03-3563-6727
http://www.nippo-c.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社 石川建設(本社:京都市伏見区、代表取締役:石川 英明)は、アスファルト舗装用両面粘着テープ『アステープ』を発売した。

アステープ

■製品の概要
舗装路面補修工事において、ストレートアスファルト以上の強固な粘着力(3点曲げ強度試験:約724ニュートン)で舗装面を接着する。
従来のオーバーレイ工法と異なりアスファルト原液をガスバーナーなどで溶かす必要がなく、火気を扱わないため、火気を嫌う現場での施工を可能とし、作業中の火災事故や火傷を防ぐ。
粘着テープを貼って剥がすという簡単なオペレーションにより、作業時間の短縮や作業人員の削減につながり、現場1箇所あたりの生産性・収益性が向上。道路規制時間の短縮などのメリットもある。
一斗缶などのストレートアスファルトを持ち運ぶ容器を産業廃棄物とすることもなく、火気の使用の廃止により、CO2の排出削減にも貢献し、エコ時代のニーズに寄与する。

■問合せ先
京都サンダー株式会社
TEL:075-414-3000
http://www.sander.co.jp/

製造元
株式会社 石川建設
TEL:075-641-2384
http://www.ishikawakensetsu.jp/

このページの先頭へ




ガイアートT・K株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:前山 俊彦)は、排水性舗装の弱点を改善した多機能型舗装『フル・ファンクション・ペーブ』を発売した。

フル・ファンクション・ペーブ

■製品の概要
混合物一層で表面付近は排水機能、下部はSMA(砕石マスチック舗装)の防水性機能を持つ新しいポーラスアスファルトによる多機能型排水性舗装である。
排水性舗装には、路面の水はね防止、雨天時の視認性向上、車両走行の安全性、タイヤ路面騒音値の低減などのメリットが評価されて普及してきたが、一方で?空隙詰まりが生じて機能が低下する、?舗装体から下層へ水分が浸透するため表・基層界面や基層表面から剥離が生じる、?寒冷地では舗装体内の残存水分が氷結して膨張し舗装を破壊する、といった課題があり、舗装の打替えを迫られるケースが少なくない。
本工法は従来の排水性舗装を改善する中で生まれた新工法で、排水機能と防水機能をあわせ持つ。
メカニズムを改良したフィニッシャの施工により、路面のキメ深さを確保でき、凍結防止剤が簡単に流出しなくなり、凍結抑制効果を持続できる。アスファルトフィニッシャのシニックスクリードを使用し路面を粗面に仕上げることで、路面のすべり抵抗性を高め、ブラックアイスバーンを解消する。独自の高性能改質アスファルトを使用することで、高い耐流動性と骨材の飛散抵抗性に優れ、これまでの寒冷地域の排水性舗装の弱点を大幅に改善する。冬期路面対策が要求される路面に最適。

■問合せ先
ガイアートT・K株式会社
TEL 03-5261-9211
http://www.gaeart.com/

このページの先頭へ




神鋼建材工業株式会社(本社:兵庫県尼崎市、代表取締役社長:林 光雄)は、吸音性と透光性を兼ね備えた道路用遮音壁『エコキューオンクリア』を発売した。

エコキューオンクリア

■製品の概要
ポリカーボネートにより吸音構造を形成し吸音性能と透光性能を両立することで、視認性を高め、壁面の圧迫感を低減する道路用遮音壁。音響共鳴の原理を流用した微細多孔吸音構造(神戸製鋼所の保有技術)を採用している。
神鋼建材工業ではすでに、道路用遮音壁用として、アルミ製微細多孔箔を用いた吸音パネル「エコキューオン」を実用化している(NETIS登録済)。アルミ箔に微小な孔を多数空け、その孔部の空気を騒音のエネルギーで激しく振動させ、孔部の縁で摩擦が発生しエネルギー損失を行う。吸音部分に従来の繊維系吸音材ではなく、0.1〜0.8mmの孔を無数に空けたアルミ板および箔を用い、遮音用の背面板との間に複数の空気層を確保した構造である。
「エコキューオンクリア」は透光性を高めるため、透明性の高いポリカーボネート素材を採用し、正面板は多孔パンチング加工、背面板は厚8mmとし、内部の空気層の間に微細多孔加工を施したシートを2層配している。微細多孔材と空気層で吸音性を確保し、背面板により遮音性を得る。
残響室法吸音率、音響透過損失ともNEXCOの基準をクリア。ポリカーボネートは耐候性仕様とし、フレームはアルミ押出型材を使用している。

■問合せ先
神鋼建材工業株式会社
TEL 06-6418-2621
http://www.shinkokenzai.co.jp/

このページの先頭へ




最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード