• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

電子カタログ

「再生プラスチック(容リプラ再生材)利用 軽量ダクト・軽量樹脂蓋|共通設備|中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社」の資料請求はこちらから

再生プラスチック(容リプラ再生材)利用 軽量ダクト・軽量樹脂蓋|共通設備|中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社

軽量ダクト(8条内管タイプ)T分岐管
軽量ダクト(8条内管タイプ)T分岐管
軽量ダクトイメージ
軽量ダクトイメージ

概要

「軽量ダクト・軽量樹脂蓋」は、ポリエチレンとポリプロピレンを主材料とするリサイクル樹脂および無機フィラーで作ったケーブル用樹脂ダクト・樹脂ハンドホール蓋である。
 
廃棄物処理費用の削減と再資源化による環境負荷(CO2)の低減を目指し、材料に容リプラ再生材を利用した環境配慮型製品である。
重くて施工性が悪かった従来のコンクリート製品に代わる製品として提供。
 
主な用途は、電気・通信ケーブル用樹脂ダクト、ハンドホール用樹脂蓋およびケーブルの引通し・接続用樹脂ハンドホールに適している。
エコマーク認定番号:07131010(エコマーク認定は軽量ダクトのみ)

概要

 
 

特長

  1. 軽量
    コンクリートの約4分の1の軽さで、人力で運搬が可能。

  2. 強度
    4.9kN/500mmの荷重に耐える強度を有し、草刈り機の刃からケーブルを保護。

  3. 耐久性
    耐候性・耐腐食性・耐凍害性に優れ保守・交換費用の抑制につながる(若干白化するが実用上問題ないことを確認済)。

  4. 難燃性
    電気設備技術基準の「自消性のある難燃性の管」に適合。

  5. 断熱性
    収納ケーブルを熱の影響から防護(延焼・溶融なし)。

  6. 加工が容易
    切断、孔開けなど、現場での加工が容易。

 

「再生プラスチック(容リプラ再生材)利用 軽量ダクト・軽量樹脂蓋|共通設備|中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社」の資料請求はこちらから

中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 160-0023 東京都新宿区西新宿1-23-7 新宿ファーストウエストビル9F TEL 03-5339-1717 FAX 03-5339-1739
HP https://www.c-nexco-het.jp/

最終更新日:2023-11-21

「再生プラスチック(容リプラ再生材)利用 軽量ダクト・軽量樹脂蓋|共通設備|中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京株式会社」

「共通設備」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加