TG-NAP工法

製品情報

可塑状グラウト空洞充填工法

TG-NAP工法の写真

可塑状グラウト空洞充填工法である「TG-NAP 工法」は、特殊安定剤および特殊粘着剤を混和したセメントスラリーのA液と、アルミニウム塩を主成分とする特殊可塑剤を溶解したB液の二液を別々に注入箇所まで圧送し、ミキシングユニットにて混合することで瞬時に可塑状グラウトを生成し空洞に注入充填する工法である。

可塑状グラウト協会このメーカーの製品一覧 >

住所〒169-0072 東京都新宿区大久保1-15-9-502 (株)エルジー内  TEL03-3208-8660 FAX03-3208-8509
HPhttps://www.kasojyo-g.com/

資料請求カートへ追加