• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 話題の新製品 > 建設機械・工具

株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、同社従来機に比べ、より素早く高精度な3D点群データ計測を可能とした3Dレーザースキャナー『GLS-2200シリーズ』を発売した。
 

 
■主な仕様変更点
・本体に後方交会法プログラムを追加
複数の場所から計測したデータを結合するレジストレーション(※1)作業のため、『GLS-2200シリーズ』ではトータルステーションで馴染みのある後方交会法プログラムを追加した。
計測と同時にレジストレーション作業が行われるため、点群処理ソフトウェアでの作業時間が大幅に短縮できる。また、現場で器械点設置の良否判断が可能となるため再計測の回避にもつながる。
 
■360°プリズムにも対応する長距離ターゲットスキャンが可能
器械点設置の際、200mという長距離でターゲットスキャンが行えるようになった。
ターゲット設置の回数を最小限に抑えることができ、また360°プリズムを利用すれば器械点移動ごとにターゲットの向きを変更する必要がないため、計測作業の時間が大幅に短縮できる。
 
■HDR(※2)撮影に対応
明暗の差が激しい測定対象の場合、従来は3D点群データに色付けをすると暗い部分の黒つぶれや、明るい部分の白飛びがあった。
『GLS-2200シリーズ』はHDR撮影が可能となったため黒つぶれや白飛びが解消でき、晴天時で影のあるコンクリート構造物でも、自然でリアルな色が載った3D点群データが生成できるようになった。
 
■面精度の向上
面精度を従来の2mmから1mm(※3)へと大幅に向上した。
i-ConstructionのICT舗装工時の出来形計測へ対応するほか、建築における床面の平坦性検査などに高精度な計測が効果を発揮する。
 
 

※1 スキャナーで取得した3次元点群データから構造物の3Dモデルを作成する場合、1カ所からは全てを測定することはできないため、機械を移動して数カ所から観測する必要がある。
そして、取得した全てのデータを処理ソフトウェアで1つのデータへ結合する。
このデータを結合する作業のことを、レジストレーションと呼ぶ。
 
※2 High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)の略称。明るさの違う複数の画像を撮影し合成することで、幅広い明るさの諧調を表現することが可能で、黒つぶれや白飛びをなくすことができる。
 
※3 標準偏差(1σ)1mm。MAGNET Collageソフトウェアで解析した場合。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、世界最速・最小・最軽量(※1)のトータルステーションGTシリーズに、新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』を搭載した。
 

 
■概要
GTシリーズは急激な加減速や高速回転が可能な超音波モーター(USM)を採用し、次世代型ロボティックトータルステーションとして世界最速の旋回スピードを実現、通常の測量作業に加え、建設機械の制御やUAV空中写真測量システムなど建設現場のあらゆるシーンで活用されている。
また小型軽量なボディーによる優れた可搬性やGNSS受信機と組み合わせて測量作業を行うハイブリッド・サーベイ・システムへの拡張など現場の作業効率の大幅向上を実現している。
このたび、このGTシリーズに搭載された新開発のモーター制御技術『Smooth Drive Control (TM)』は、追尾対象物であるプリズムの急激な変位や、建設機械に取り付けた際の振動などあらゆる建設現場の使用条件においてもスムーズな追尾を実現する。
また緻密な制御によりモーターへの負荷も軽減し、高い耐久性を実現すると同時に機械品質の向上も実現した。
 
 

*1 モータードライブトータルステーションとして。2020年8月同社調べ

 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、多彩な衛星測位システムに対応する小型・軽量なアンテナ一体型GNSS受信機『HiPer VR』を発売。
 

 
■概要
米国のGPSに始まった衛星測位システムは、日本、ロシア、中華人民共和国、EUなど多くの国や地域で測位衛星の運用を開始し、受信できる衛星数が大幅に増えてきている。
『HiPer VR』は1kg(*1)という軽量なボディーながらも複数の衛星信号を補足することで、従来では観測が困難であった環境でも安定性の高い高精度な位置を算出する。
また、LongLink無線技術のほかデジタル簡易無線(*2)や4Gセルラー通信モジュール(*3)を内蔵するなど豊富な通信デバイスを備えることで身軽な装備でRTK観測(*4)やネットワーク型RTK観測(*5)がケーブルレスで行うことができ、現場の状況に合わせた最適なGNSS測量ができる受信機となっている。
 

■特長
・マルチGNSS対応
米国のGPSに加え、ロシアのGLONASSや日本の準天頂衛星、中華人民共和国のBeiDou(*6)が受信可能なため、これまでに比べ多くの衛星が受信できることで、従来観測に不利であった上空視界の狭い急峻な地形等の環境下であっても、RTK初期化時間の短縮や測位率の向上、精度の安定化などに効果を発揮する。
また、初期化待ちなどのストレスからも解放され、工事測量等で作業の生産性を向上させる。
受信チャンネルには、ユニバーサルトラッキング技術を搭載し、信号をさまざまな環境下で的確に追跡し、フレキシブルに信頼性の高い高精度な位置情報を提供する。
 

・長時間の連続観測が可能
大容量内蔵バッテリーを搭載し、デジタル簡易無線を使用しても約12時間の連続使用が可能。
 
・小型軽量で堅牢なボディ
手のひらに収まるコンパクトなボディーには、筐体にマグネシウム合金を採用し、バッテリーを含めても1kgと軽量で、長時間にわたるRTK測量での負担が軽減される。
また、防塵防水性能JIS保護等級IP67に準拠し過酷な現場にも耐えうる性能を備えている。
 
・デジタル簡易無線内蔵*2で手軽に広範囲のRTK観測が可能
免許や通信費不要の、デジタル簡易無線(申請制)を内蔵したモデルをラインアップしている。外部に無線機を接続することがないシンプルなスタイルで、広範囲でRTK観測を行える。
従来よりも多くのデータを送受信することが可能な大容量通信モードも搭載した。
 
・4Gセルラー通信モジュールを搭載(*3)
本体にSIMカードを挿すことで、スマートフォンなどによるテザリングを利用することなくネットワーク型RTK観測が行える。
 
 

*1:LongLinkモデル

*2:GGTM/GGBTM/GGTM-C/GGBTM-Cタイプ

*3:GGTM-C/GGBTM-Cタイプ

*4:Real Time Kinematicの略。リアルタイムに数ミリ〜数センチ精度で位置座標を算出するGNSS測位手法。2台のGNSS受信機を使用し、固定局側に設置されたGNSS受信機から移動局側のGNSS受信機へ通信手段を利用して補正データを転送し、リアルタイムに移動局の位置座標を解析する。

*5:RTKの観測手法の一種で、電子基準点からの合成波を補正データとして利用する手法。観測現場にGNSS固定局を必要とせず、GNSS移動局1台で観測を行う。

*6:GGBT/GGBTM/GGBTM-Cタイプに標準、それ以外はオプション対応。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




株式会社トプコン(本社:東京都板橋区、代表取締役社長:平野 聡)は、多彩な衛星測位システムに対応するSOKKIAブランドの小型・軽量なアンテナ一体型GNSS受信機『GRX3』を発売。
 

 
■概要
衛星測位システムは、日本、ロシア、中華人民共和国、EUなど多くの国や地域で測位衛星の運用を開始され、受信できる衛星数が大幅に増えてきている。『GRX3』は1kg(*1)という軽量なボディーながらも複数の衛星信号を補足することで、従来では観測が困難であった環境でも安定性の高い高精度な位置を算出する。
また、LongRange無線技術のほかデジタル簡易無線や4Gセルラー通信モジュール(*2)を内蔵するなど豊富な通信デバイスを備えることで身軽な装備でRTK観測(*3)やネットワーク型RTK観測(*4)がケーブルレスで行うことができ、現場の状況に合わせた最適なGNSS測量ができる受信機となっている。
 
■特長
・マルチGNSS対応
米国のGPSに加え、ロシアのGLONASSや日本の準天頂衛星、中華人民共和国のBeiDou(*5)が受信可能なため、これまでに比べ多くの衛星が受信できることで、従来観測に不利であった上空視界の狭い急峻な地形等の環境下であっても、RTK初期化時間の短縮や測位率の向上、精度の安定化などに効果を発揮する。また、初期化待ちなどのストレスからも解放され、工事測量等で作業の生産性を向上させる。
受信チャンネルには、ユニバーサルトラッキング技術を搭載し、信号をさまざまな環境下で的確に追跡し、フレキシブルに信頼性の高い高精度な位置情報を提供する。
 
・長時間の連続観測が可能
大容量内蔵バッテリーを搭載し、デジタル簡易無線を使用しても約12時間の連続使用が可能。
 
・小型軽量で堅牢なボディー
手のひらに収まるコンパクトなボディーには、筐体にマグネシウム合金を採用し、バッテリーを含めても1kgと軽量で、長時間にわたるRTK測量での負担が軽減される。
また、防塵防水性能JIS保護等級IP67に準拠し過酷な現場にも耐えうる性能を備えている。
 
・デジタル簡易無線内蔵で手軽に広範囲のRTK観測が可能
免許や通信費不要の、デジタル簡易無線(申請制)を内蔵している。
外部に無線機を接続することがないシンプルなスタイルで、広範囲でRTK観測を行える。従来よりも多くのデータを送受信することが可能な大容量通信モードも搭載した。
 
・4Gセルラー通信モジュールを搭載(*2)
本体にSIMカードを挿すことで、スマートフォンなどによるテザリングを利用することなくネットワーク型RTK観測が行える。
 
 

*1:LongRangeモデル

*2:GGTM-C/GGBTM-Cタイプ

*3:Real Time Kinematicの略。リアルタイムに数ミリ〜数センチ精度で位置座標を算出するGNSS測位手法。2台のGNSS受信機を使用し、固定局側に設置されたGNSS受信機から移動局側のGNSS受信機へ通信手段を利用して補正データを転送し、リアルタイムに移動局の位置座標を解析する。

*4:RTKの観測手法の一種で、電子基準点からの合成波を補正データとして利用する手す。観測現場にGNSS固定局を必要とせず、GNSS移動局1台で観測を行う。

*5:GGBTM/GGBTM-Cタイプに標準、それ以外はオプション対応。
 
 
 

■問い合わせ先
株式会社トプコン
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




「C50R-5A」は、環境への配慮と高出力を両立したクローラキャリアである。特定特殊自動車排出ガス2014年規制(オフロード規制)対応エンジンを搭載し、安定した作業を可能にする強靭な足回りを有する。
大型液晶モニターを装備し、稼働情報管理システム「スマートアシストリモート」により、
位置情報を把握でき盗難を防止するとともに、メンテナンス時期の把握や稼動時間の管理も行える。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
ヤンマー建機株式会社
TEL:0942-70-8993
https://www.yanmar.com/jp/

このページの先頭へ




各建機メーカーの油圧ショベルに後付けできるマシンコントロールシステムである。
建機操作の自動化を実現し、高さ自動制御機能(ブームアシスト)とバケット固定機能(バケットアシスト)により、法面の成型、面仕上げなどでオペレーターの作業を軽減するとともに、高精度で効率的な施工をジョイスティック操作で可能にする。
日米露中EUの衛星測位システムからの信号が受信できる。
 
 

 
 
 
■問い合わせ先
株式会社トプコンソキアポジショニングジャパン
TEL: 03-5994-0671
https://www.topcon.co.jp/

このページの先頭へ




<打撃力:33J>と、チッパークラスのパワーを実現。さらに質量わずか7kgと、壁面への横打ちや下打ち作業にも柔軟に対応。先端のノミが暴れず、狙った箇所へピンポイント打撃を可能とした「イージーコントロール機構」も搭載し、操作性も抜群。動力は油圧式で、メンテナンス・耐久性に優れ、凍結もしないため、寒冷地での作業にも最適。
 

 
 
 
■問い合わせ先
丸善工業 株式会社
https://maruzenkogyo.co.jp/

このページの先頭へ




協栄産業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:水谷 廣司)は、協栄産業製インフラ点検システムとトピー工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:高松 信彦)製点検ロボットAnieLightによるインフラ点検ロボットシステム『低車高版』を共同開発し、販売を開始する。
 
低車高版
 
■概要
インフラ点検ロボットシステムは、住宅の定期点検等に使用するロボットシステムである。
点検作業員の代わりに暗く・狭い床下にエニーライトが入り、シロアリ被害、腐食箇所等の住宅性能に問題がないかを確認することができる。
点検作業員は離れた場所から無線LANを介してタブレットでエニーライトを操縦し、本体に装備されたLEDで床下を照らし、高性能カメラの画像を見ながら床下の状況を確認する。
また、必要に応じて点検箇所を撮影してタブレットに保存すれば点検結果を記録として残すことが可能になる。
低車高版エニーライトでは、標準版エニーライトの車高245mmを62mm下げ183mmとした。
これによって住宅床下基礎部分に作られた人通口を通り抜けやすくなり、スムーズな点検作業を行うことが可能になった。
一般的に、人通口は高さ350mm×横600mm程度の大きさで作成されるが、住宅メーカーや工事業者によって大きさはまちまちで、標準版エニーライトでは通り抜けできない場合もあった。
低車高版ではこれを解消し、さまざまなタイプの住宅床下点検に利用できる。
協栄産業とトピー工業が共同開発したインフラ点検ロボットシステムは、住宅の床下に人が入るのではなく、ロボットが入ることでユーザーのプライバシーを守り、作業員の省人化、省力化を可能にし、ユーザー満足度向上と労働環境の向上に貢献する。
 
 
 

■問い合わせ先
協栄産業株式会社
https://www.kyoei.co.jp/

このページの先頭へ




スリーエム ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:スティーブン・ヴァンダーロウ)は、『3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用』を発売する。
 
Y-4800-12建築パネル
 
■概要
ビスや溶接の代わりに自動車のエンブレムやスマートフォンのガラスパネルの固定などに使用されている「3M VHB テープ」の技術により、被着体が多岐にわたる建築パネルの施工を、日本で初めて※1両面テープだけで可能にする製品である。
 
■製品の特徴
1.施工時間の短縮
建築パネルの取り付けには、十分な強度を出すために仮止め用の両面テープと接着剤を両方使用する施工方法が一般的である。
しかし、接着剤の塗布、交換、液漏れ箇所の清掃など工程が多く、時間がかかることが課題だった。
3Mが独自に開発した最新の粘着剤を使用した『3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用』は、接着剤なしでも建築内装材に使用される石膏ボードや、ケイ酸カルシウム板などの幅広い材質に対してJISA5538※2相当の強度を発揮する。
接着剤の工程を減らすことで大幅に工期を削減することができる。
同社顧客の実証実験では約100㎡の内装パネルの施工が従来2名で2日かかっていたのが、1日に削減された。
施工時間短縮による人件費と接着剤の管理経費の削減により、トータルコストも約15%以上※3低減する。
 
2.安定した施工品質の実現
従来の施工法では、接着剤を内装パネルに均一に塗布し続けるのは難しく、作業者により仕上がりにバラつきが出やすいという懸念もある。
施工完了後に、本来は使い切るべき量の接着剤が余っていることや、過度な塗布により接着剤が不足することもあり、安定した品質管理が難しいことが課題だった。
『3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用』は、決められた長さを貼るだけなので施工管理が簡素化される。外国人労働者や複数の作業をする多能工が内装作業を引き受けるケースが増加する中でも、安定した施工品質の実現を可能にする。
 
3.作業者の負担の低減
一般的に、100㎡の内装パネルを貼り付けるには、約15kgの接着剤が必要になるが、『3M VHB テープ Y-4800-12建築パネル仕上げ用』を使用すれば現場への運送やゴミの処理が減り、作業者の負担も低減する。
 

※1 アクリフォームテープの両面テープのみでの施工方法
※2 壁・天井ボード用接着剤の日本工業規格
※3 3M試算による
 
 
 

■問い合わせ先
スリーエム ジャパン株式会社
http://www.mmm.co.jp/

このページの先頭へ




ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社(本社東京都豊島区:、代表取締役社長:栗田敏寿)は、画期的なワイヤレス音声ガイドシステム「メットフォンIIIレシーバー」を発売した。
 

 
■製品の概要
「メットフォンIIIレシーバー」は、ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社が「より明瞭・快適に」をコンセプトに開発した画期的なワイヤレス音声ガイドシステムである。
同システムは、1)騒音下でもクリアに聞こえる、2)スイッチオンでかぶるだけ、3)衛生的で管理も容易、という3つのポイントを有し、好評を博している。
写真は、左が本体、右がヘルメットへの装着状態を示す。
 
■問い合わせ先
ジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社
TEL:03-6773-4445
http://www.jrc.jregroup.ne.jp/

このページの先頭へ




前の10件

最新の記事5件

カテゴリ一覧

バックナンバー

の特集記事資料館フィード