建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 道路維持修繕工 > 金属溶射工事|金属溶射による防錆技術施工|株式会社沖縄神洋ペイント

  • ガス溶射 施工状況

  • プラズマアーク溶射(TAPS) 施工状況

 
 

概 要

沖縄県で初めて金属溶射技術を導入
 
アルミ・マグネシウム合金や、亜鉛・アルミ合金といった金属を専用装置で溶かし、圧縮空気で微粒子にして吹き付けて、素材を被膜する金属溶射工法。特長として、「装置がコンパクトで現場での施工も容易」「熱ゆがみによる影響が少ない」「大型構造物から複雑な形状のものまで対応」「被膜厚さを調整可能」「加工時間が短い」「水素ぜい性がない(酢洗いが不要なので水素吸収による強度への影響がない)」などが挙げられるが、橋梁等の構造物の長寿命化が期待できる技術として、従来の重防食塗装による防錆に代わり近年採用が多くなっている。
 
沖縄神洋ペイントは、沖縄県内で初めてこの金属溶射技術を導入し、県内の橋梁支承・落橋防止装置の補修工事、伊良部大橋や本部大橋等の新設・補修工事などで実績を重ねている。従来金属溶射は本土企業により行われていたが、同社では自社の技術者を養成し、ブラストから金属溶射まで一貫した施工を実現。地元受注による機動力のアップとコスト削減を達成するとともに、沖縄の厳しい気候・環境条件に合った防錆のあり方を追求している。

 
 
ガス式溶射とプラズマアーク式溶射に対応
 
同社ではガス式溶射(ガスフレーム式金属溶射による重防食技術:KT-100014-VR)と、プラズマアーク式溶射(TAPS工法:QS-180017-A)の専用機材を揃え、ニーズに合わせて対応している。


  • 専用の溶射ノズルによる
    狭隘部への施工状況

  • 溶射の膜厚管理状況
  •  
     


    施工例


  • 高速道路 支承・落橋防止装置(アルミ・マグネシウム合金)


  • 伊良部大橋(アルミ・マグネシウム合金)


  • 柱への施工状況

  • 落橋防止装置への施工状況
  •  
     


    電子カタログPDF

    金属溶射による防錆技術施工 の資料請求はこちらから

    資料請求カートに追加

    株式会社沖縄神洋ペイント
    TEL : 098-945-5135     FAX : 098-945-4962
    http://www.okinawashinyo-p.com/

    << 商品詳細に戻る

     

    同じカテゴリの電子カタログ

    ご利用ガイド
    掲載をご希望の方へ

    カテゴリ一覧