• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

仮設工|パネル式ユニットシステム吊り足場工法 TOBISLIDE(トビスライド)|株式会社三共

仮設工|パネル式ユニットシステム吊り足場工法 TOBISLIDE(トビスライド)|株式会社三共

NETIS登録番号:KK-210061-A

 

TOBISLIDE

新設計のパネル式を採用しているので、
広くて使いやすい新しいシステム吊り足場

TOBISLIDE

上下に連結するというまったく新しい発想から
生まれた6m施工対応の新型防護柵



 

概要

「TOBISLIDE(トビスライド)」は、吊り足場工事に用いるパネル式ユニットシステム吊り足場である。
 
国内には約73万もの橋梁が存在し、建設後50年を経過する老橋が2033年には63%に達する中で、社会資本の老朽化対策が急務となっている。
持続可能な社会の実現に向けた橋梁の長寿命化を進める上で、その50%以上を占めると言われている橋長15m以下の老橋を計画的に維持管理・更新をしていくことが求められている。
 
「TOBISLIDE(トビスライド)」は、施工者にも利用者にも安全で使いやすい、防護柵一体式のシステムユニットである。

 
 

特長

1.本製品はベースフレームにパネル式の作業床を固定し、再利用(リユース)のできる防護柵(朝顔)と有機的に連結させるパネル式のシステム吊り足場である。
 
2.専用に設計・開発されたシステム吊り足場であるため、設置および解体が容易で安全性と高い施工性、作業性を有している。
 
3.作業床および防護柵はシステム化されているため、従来工法に比べて約30%の工期短縮が可能となる。
  在来工法比:1000m²の場合の工期17日が12日となり5日間の短縮(在来工法はパイプ吊り足場を指す)。
 
4.経済性・品質・施工性・周辺環境の向上と設置および撤去工程の短縮が期待できる。
 
5.専用製品を用いることで作業床と防護柵(朝顔)の間の隙間を養生する足場板(幅木機能)の番線止めが不要となり、番線の飛散や回収が不要で廃棄コストも軽減される。
 
6.採光性のある専用の透明防護柵(朝顔)パネルを使用することで、自然光を取り入れた作業環境を実現できる。
 
7.防護柵(朝顔)に防音材の装着を可能とすることにより、工事中の騒音が低減できる。
 
8.専用クランプと透明防護柵を使用することで、防護柵(朝顔)脱着を容易にし、強風時の防護柵(朝顔)の部分脱着・復旧が可能になっている。
 
9.防護柵に専用の2mと3mのパネル(PVC製)を組み合わせることで2m~6mまでの防護柵施工ができる。

 
 

用途

1.道路橋・鉄道橋・水道橋・横断歩道橋、耐震補強工事、重防食塗装工事
 
2.倉庫、工場、体育館等の天井・屋根工事、各種改修工事

 
 

製品購入の問い合わせ先

仙台営業所 TEL.022-358-5210
埼玉営業所 TEL.048-642-8088
大阪営業所 TEL.06-6311-1288
福岡営業所 TEL.092-812-0400

 
 

 

「仮設工|パネル式ユニットシステム吊り足場工法 TOBISLIDE(トビスライド)|株式会社三共」の資料請求はこちらから

株式会社三共 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 530-0047 大阪府大阪市北区西天満4-4-13 三共ビル梅新 TEL 06-6311-1268 FAX 06-6311-1240
HP https://www.sankyo-sea.jp/

「仮設工|パネル式ユニットシステム吊り足場工法 TOBISLIDE(トビスライド)|株式会社三共」

「港湾・港湾海岸・空港」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加