• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

崩落災害・法面の工事で、設置・撤去が簡単「パネル式防護柵」|株式会社エムオーテック

崩落災害・法面の工事で、設置・撤去が簡単「パネル式防護柵」|株式会社エムオーテック

特許番号:4415029号 NETIS登録番号:(旧)KT-080015-VE

 
パネル式防護柵


 
パネル式防護柵は、鋼製のパネルを利用した落石防護柵である。
従来、道路改良の法面工事や崩落災害の発生時に仮設の防護柵を設置する際には、H形鋼の支柱に鋼矢板を溶接又は金具で一枚一枚取り付けていた。
パネル式防護柵では専用固定金具を柱にボルトで取り付けて固定し、パネルを挿入するだけで設置・撤去が可能なため作業性が大幅に向上した。
 
活用メリット:
①工期が短縮できる
②パネルと支柱の連結性が高く、落石の衝突エネルギーを吸収できる
③設置・撤去に特殊な技術(溶接)を必要としない
④材料の入手が容易にできる 
⑤雨天でも施工できる

 

「崩落災害・法面の工事で、設置・撤去が簡単「パネル式防護柵」|株式会社エムオーテック」の資料請求はこちらから

株式会社エムオーテック メーカーの製品一覧 >

住所 〒 108-0073 東京都港区三田1-4-28 三田国際ビル TEL 03-5445-7814 FAX 03-5445-5080
HP https://ssl.motec-co.jp/

「崩落災害・法面の工事で、設置・撤去が簡単「パネル式防護柵」|株式会社エムオーテック」

「一般土木資材」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加