• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

鋼製砂防えん堤─不透過型─|SBウォール工法|日鉄建材株式会社

鋼製砂防えん堤─不透過型─|SBウォール工法|日鉄建材株式会社

  • 不透過型設置事例(上流外部保護材)
    不透過型設置事例(上流外部保護材)
  • 透過型設置事例(下流外部保護材)
    透過型設置事例(下流外部保護材)



 

概 要

「SBウォール工法」は、INSEM工法(現地発生土または現地発生土とクラッシャランと混合したものを主材料とし、セメントと水を混合して締め固める工法)やL.U.C.工法(クラッシャランを主材料とし、セメントと水を混合して締め固める工法)により構築した、堤体内部枠を上下流の外部保護材(上流壁面材は軽量鋼矢板、下流壁面材はコンクリートブロック)で保護することにより、土石流対策堰堤・砂防堰堤等に要求される耐磨耗性、耐衝撃性、耐久性および景観性を向上させた工法である。またコスト縮減を実現し、現地発生土砂の有効活用による建設環境の向上を図りながら、設計施工の合理化を図ることができる。
 
 

特 長

1.施工性の向上により、工期の短縮が図れる。
2.設置箇所周辺の自然環境や現地の条件により、修景ブロックを使用するなど、周辺の景観との調和を図ることができる。
3.現地土砂のSB ウォール適応性判断に関する資料および各種試験により、効率的に現地土砂の有効活用できる。
4.上流外部保護材(軽量鋼矢板)を配することにより、土石流対策堰堤として、コンクリート砂防堰堤と同等レベルの耐衝撃性を有している。
5.内部材の主材料として現地発生土砂やクラッシャランを使用するので、従来の重力式コンクリート堰堤と比較してコストが縮減できる。
 
コンクリート堰堤とのコスト比較(概算費用)
コンクリート堰堤とのコスト比較(概算費用)


 

外部保護材の形状

上流外部保護材の形状
【上流外部保護材の形状】


 
下流外部保護材の形状
【下流外部保護材の形状】


 

 

「鋼製砂防えん堤─不透過型─|SBウォール工法|日鉄建材株式会社」の資料請求はこちらから

日鉄建材株式会社 メーカーの製品一覧 >

住所 〒 101-0021 東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX 13F TEL 03-6625-6120 FAX 03-6625-6121
HP https://www.ns-kenzai.co.jp/

「鋼製砂防えん堤─不透過型─|SBウォール工法|日鉄建材株式会社」

「一般土木資材」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加