• 建設資材を探す
  • 電子カタログを探す

電子カタログ

「ジオセルを用いた立体ハニカム構造による擁壁工法 GEOハイウォール工法|擁壁工|株式会社ジオベクトル」の資料請求はこちらから

ジオセルを用いた立体ハニカム構造による擁壁工法 GEOハイウォール工法|擁壁工|株式会社ジオベクトル

NETIS登録番号:HK-200013-A
ジオベクトル1
ジオベクトル2

小型・軽量の高密度ポリエチレン製「ジオセル」を用いた擁壁工法(GEOハイウォール工法)
 

概要

  1. 安定性:セル内部に現場発生の良質土、砕石などを充填拘束することと各層間の摩擦力で、構造物の一体性を確保し、高強度の構造体を形成することができる(500件強の実績で、崩壊事故は皆無である)。
  2. 壁高13.6mまで可能:小型・軽量の「ジオセル」を用いた、切り盛り両用の補強土壁工法である。
  3. もたれ擁壁構造:展開した立体ハニカム構造を階段状に積み重ね、外力は試行くさび法、内部検討は層間に働く摩擦力で一体化した「もたれ式擁壁」である。
  4. 施工性:勾配変化、曲線部の施工も対応可能で、普通作業員で施工できるため、人手不足にも対応する。

 
●特許登録 特許第6917641号
 

概 要

 
 

施工手順

施工手順

 
 

特長

  1. 切盛土工が最低限
    地山から擁壁までの展開長が最小で、用地も小さく、切り盛り土工量も最少となる。
  2. 大幅な工期短縮
    コンクリート不使用、展開速度が速いこと(積みブロックと比較して工期は1/3~1/2となる)、多地点での同時施工が可能なことから、大幅な工期短縮となる。
  3. 大型重機不要
    材料となるジオセルが小型・軽量で、使用重機はバックホウのみ。
    特に、狭隘の山岳道路の施工では最適である。
  4. 景観性とゼロカーボン
    単粒砕石と発生土の混合による緑化で、景観性向上コンクリートの壁面体は不使用で、95%のCO2削減となる。
  5. 生産性向上
    ①充填材は近隣由来の自然石②大幅な工期短縮③小型軽量で運賃コストが少ない④普通作業員による人・工賃が軽減されるなど、発注者、施工者、専門工事業者の関係者全ての生産性向上に、大きく貢献する。

 

特 長

 
 

施工手順工法概要図(最小限の切り盛り土工)

 

工法概要図(最小限の切り盛り土工)
 

「ジオセルを用いた立体ハニカム構造による擁壁工法 GEOハイウォール工法|擁壁工|株式会社ジオベクトル」の資料請求はこちらから

株式会社ジオベクトル メーカーの製品一覧 >

住所 〒 062-0901 北海道札幌市豊平区豊平一条8-1-21 野村ビル2F TEL 011-820-1181 FAX 011-820-1182
HP https://www.geovectorjapan.com/

最終更新日:2023-06-05

「ジオセルを用いた立体ハニカム構造による擁壁工法 GEOハイウォール工法|擁壁工|株式会社ジオベクトル」

「共通工」 同じカテゴリの電子カタログ

資料請求カートへ追加