• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 上下水道工 > 維持管理 フロートレス工法(マンホール浮上抑制工法)|下水道既設管路耐震技術協会

 

  • 地盤の液状化によるマンホールの浮上

  • フロートレス工法施工状況



 

工法の概要

●マンホール浮上のメカニズム
地震により、地下水を含んだ砂質地盤に強い揺れが働くことで、砂粒子と砂粒子との間隙に静水圧を超えて生じる水圧を「過剰間隙水圧」という。この水圧により、砂粒子同士の接合が切れ、砂粒子が水の中を漂う状態を「液状化現象」といい、比重の軽いマンホールや地中構造物の浮上を生起させる。


●過剰間隙水圧を瞬時に消散
本工法は、地震時に発生する過剰間隙水圧を「消散弁」により瞬時にマンホール内に消散させ、マンホール周囲の液状化現象の発生を抑えることで、マンホールの浮上を抑制することができる。



 

工法の特長

●非開削でマンホール内よりスピーディーに施工可能
専用のマシンによってマンホール内部より消散弁を設置する孔を削孔して消散弁を設置するため、開削することなく、スピーディーに、安全確実に施工可能。
 
●施工費が経済的
既設のマンホールに開削することなく施工できるため、施工費の縮減や工期の短縮が可能。
 
●維持管理の支障にならない
消散弁は、マンホールの壁に埋め込まれているため、マンホール内作業や維持管理の支障とならない。
 
●施工による影響が少ない工法
周辺地盤や地下埋設物、地域住民の生活、交通などへの影響が少ない。
 
 

消散弁の構造

消散弁は、受圧板・ソケット・メッシュ等で構成されている。地震時に過剰間隙水圧が加わると、受圧板が外れることで水圧をマンホール内に消散させる。
 
また、消散弁の地盤側はメッシュ構造になっており、土砂がマンホール内に流入するのを防止する。
 



 


電子カタログPDF

フロートレス工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

下水道既設管路耐震技術協会
TEL : 03-437-6454     FAX : 03-3433-2945
https://www.gkktgk.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ
入札王

カテゴリ一覧