建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木工事 > 上下水道工 > マンホール更生|下水道自立マンホール更生工法 ジックボードJ工法|JERコンクリート補改修協会

 

  • ジックボードJ工法の構成

  • 施工例



 

概 要

ジックボードJ工法は、腐食や老朽化で耐荷力が期待できない既設マンホールに対し、更生材のみで新設マンホールと同等の性能を有する自立マンホール更生工法である。
 
既設マンホール内面に、強度を向上させるジックグリッドを固定後、高耐食性ビニルエステル樹脂製FRP板の裏面に立体クロスを一体成型した複層板(ジックボード)を隙間を設けて設置し、この隙間に無機質系グラウト材(ジックグラウト)を充てんする。これらのジックボード、ジックグラウトおよびジックグリッドが一体化した更生材により、新設マンホールと同等の耐荷性能・耐震性能等を有する工法である。
 
また、非開削でも施工できるため、小スペースでの施工、夜間・休日の道路開放が可能である。
 

  • ジックボード裏面立体クロス

  • ジックグリッド



 

適応範囲

・種類:組立マンホール、現場打ちマンホール
・形状:円形1号、2号、3号マンホール
・深さ:5m以下
 
 

施工実績(抜粋)




 

特 長

1.施工性
円形1号〜3号マンホールに施工可能。
 
2.耐荷性能
1)更生部材は、「下水道用鉄筋コンクリート製組立マンホール(JSWAS A-11)」Ⅰ種に規定する耐荷力を有する。
2)本工法に用いるジックグラウトの圧縮強度は、45N/㎟圧縮強度以上である。
3)ジックグリッドは次の試験値を有する。
 ①引張強度:1,000 N/㎟以上
  引張弾性率:6,0000 N/㎟以上
 ②重ね継目部の曲げ強度は、継目部のないジックグリッドと同等程度。
 
3.耐久性能
1)耐薬品性
 ジックボードは「下水道用プラスチック複合管(JSWASK-2)」と同等以上の耐薬品性を有する。
2)耐硫酸性
 ジックボードは50年間相当の耐硫酸性を有する。
3)水密性
 マンホールの接合部は0.10MPaの外水圧に対する水密性を有する。
 
4.耐震性能
更生後のマンホールは、レベル1地震動、レベル2地震動に対して耐震性能を有する。
 
5.水理性能
更生後のマンホールは、管口断面の縮小がなく下水の流下性能に影響がない。
 
6.維持管理性能
更生後のマンホールは、内空断面の縮小による昇降、管路の清掃・浚渫作業に支障をあたえない。
 
7.防食被覆性能
表面部材(ジックボード)は以下の性能を有する。
①耐硫酸性 ②遮断性 ③接着安定性(全面接着型)④外観性 ⑤耐アルカリ性 ⑥耐有機酸性
 
 


電子カタログPDF

ジックボードJ工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

JERコンクリート補改修協会
TEL : 078-977-0701     FAX : 078-977-0722
http://www.jer.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧