• お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ

建築資材、土木資材をはじめとした建設資材、機材、設備、工法等の
データを収録し、スピーディな検索を実現した建設総合ポータルサイト

建設資材データベーストップ > 電子カタログ資料館 > 土木資材 > 一般土木資材 > 固化材|無機吸水系土質改良材 FTマッドキラー工法|株式会社フジタ
NETIS登録番号:(旧)CB-010011-V

 

  • 河川での浚渫作業

  • FTマッドキラーによる改良

  • 築堤盛土の施工



 

概 要

FTマッドキラーは、PS(ペーパースラッジ)灰を基材とした吸水性の高い「無機吸水系土質改良材」である。吸水系であるため「どろどろの土」と混ぜるとすぐに「さらさらの土」に改良できる特長がある。この「さらさらの土」は、セメント系や石灰系の改良材と比較してpHを低く抑えることができ、盛土材、基盤材などその利用・活用範囲が広い。
 
1997年に現場採用以来、主な実績は、国土交通省56件、農林水産省15件、地方自治体305件および民間等229件である(2020年3月現在)。
 
 

特 長

1.無機吸水系改良材
材料は無機多孔質で吸水効果を主体とする物理的な改良である。
 
2.混合直後に改良効果が発現
養生は必要なく、すぐに所定の強度を発現する。強度確認もすぐにできるため簡単である。
 
3.どんな土でもOK
粘性土、砂質土および腐植土など全ての土質に対応可能である。改良土でも可能である。
 
4.環境にやさしい
セメント系や石灰系の改良材と比較してpHを低く抑えることができ、環境への影響は少ない。
 
5.再利用しても強度低下しない
処理土を仮置きして、再度本工事に利用してもほとんど強度低下はない。
 
6.何回でも改良可能
改良土にも追添加が可能で強度増加が図れる。
 
 

適用工事(施工実績)

・河川、水路、湖沼、ダム、ため池、港湾などの浚渫土改良
・泥土圧シールド、推進、杭工事などの排泥改良
・埋設廃棄物土砂、木質混合土砂、津波堆積土砂などの分別作業の前処理
・道路、仮設道路や仮設施工ヤードなどの浅層混合改良
 
なお、本技術は国土交通省関東地方整備局のテーマ設定型(技術公募)「建設発生土(河川浚渫・掘削土等)を活用した盛土材料(通常堤防・高規格堤防)としての改良技術、無害化技術(不溶化)」に令和 2年6月17日付で選定された。
 
 

  • 湖の浚渫土の改良
    (改質土は傾斜型周景護岸盛土等に利活用)

  • 浅層混合改良(仮設施工ヤード)
    混合作業と混合直後のバックホウ走行

  • 木質混合土砂と分別作業



 
 


電子カタログPDF

FTマッドキラー工法 の資料請求はこちらから

資料請求カートに追加

株式会社フジタ
TEL : 03-3796-2285     FAX : 03-3796-3217
https://www.fujita.co.jp/

<< 商品詳細に戻る

 

同じカテゴリの電子カタログ

ご利用ガイド
掲載をご希望の方へ

カテゴリ一覧